ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows 10バージョン2004に更新後 古いファイルサーバに接続、アクセス不可

Windows 10バージョン2004に更新後 古いファイルサーバに接続、アクセス不可となる事象があるようです。

 

情報元はこちら。

 

Windows 102004はネットワーク共有と古い2003サーバーにアクセスできません

https://community.spiceworks.com/topic/2277832-windows-10-2004-can-t-access-network-shares-and-old-2003-server?page=1

 

以下は質問内容の抜粋です。

 

Windows 10バージョン2004に更新され、2008 R2サーバー上の一部の共有にアクセスできなくなり(同じサーバー上の他の共有は問題ありません)、レガシー2003サーバーにアクセスできなくなったPCがいくつかありました(はい、両方のEOLを知っています) 。

SMBv1はすべてのクライアントにインストールされます。

 

こういったバージョンアップ後に不具合というのはセキュリティや機能の変更などで発生することがあります。

 

 

回答にて、更新により、Win10マシンでSMBv1がオフになっているとあります。

 

NetAppでも発生しているとあります。

 

私の仕事でも同じ問題があります。住宅株である古いNetAppがあります。SMBV1がWin10マシンでオンになっていることを確認しました。ファイルエクスプローラーを開くとチョークします。ドライブのマッピング解除と再マッピングを試みましたが、成功しませんでした。誰かがこれを修正しているかどうかを確認することに興味があります。

 

続いて

 

Windows 10バージョン2004に更新された一部のPCは、レガシー2003サーバーにアクセスできなくなり、共有を列挙できなくなります(SMBv1はすべてのクライアントにインストールされます)。

コンピューターがWindows2003サーバー上のファイル共有を表示およびアクセスできるIPまたはFQDNを使用する場合。

次のコマンドでSMBクライアントのSMBv2 / v3を無効にしてコンピューターを再起動すると、\\ servernameを使用してWindows2003共有にアクセスできます(ただし、SMB1サーバーのようにWindows2019共有にアクセスできなくなります)プロトコルが無効になっています):

sc.exe config lanmanworkstation depend= bowser/mrxsmb10/nsi

sc.exe config mrxsmb20 start= disabled

 

 

以下の方法で逃げれるとあります。

 

誰かがまだこれに対処している場合に備えて、機能している回避策があるようです。少なくとも、SMB1共有を最終的に完全に非推奨にすることができるようになるまでは、私たちを助けてくれるでしょう。

秘訣は、レジストリキー「ProviderFlags」を値1(0x00000001)のREG_DWORDとしてHKEY_CURRENT_USER \ Network \ * SMBv1ドライブ文字*に追加することです。

次に、再起動するか、ログオン/ログオフします。これにより、ログオン時のSMBv1ドライブの永続的な「再接続」ステータスが修正され、そのレジストリキーを追加したユーザーにとって、すべてが正常かつ迅速に機能しています。SMBv1共有に対応するネットワークの下のドライブ文字にのみ追加する必要があります。

 

「HKEY_CURRENT_USER\Network\*SMBv1 Drive Letter*」

 

ちなみにアップグレードではなく新規インストールでは発生しないそうです。バグですかね。

 

SOUNDPEATS Truefree 2 完全ワイヤレスイヤホン 良きフィット感 長時間再生 複合振動板ドライバー採用 IPX7防水 特製イヤーフック付き Type-C充電対応 サウンドピーツ 高音質 低遅延 フルワイヤレス イヤホン Bluetooth イヤホン 自動ペアリング 低音重視 クリア通話 無線 スポーツイヤホン Bluetooth5.0 Zoom ミーティング テレワーク ブルートゥース ヘッドホン [技適認証取得、正規メーカー1年保証] (ブラック)