ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Hyper-V 2019 標準WindowsServerバックアップでホストOSのリストア、復旧

 

Hyper-V 2019 標準WindowsServerバックアップでホストOSのリストア、復旧についての情報になります。

 

VMwareのESXiなどは復旧時に新規でインストールするという方法をとることがあるかもしれませんが、Hyper-Vの場合は、ホストOSがWindows Serverなので標準機能によるバックアップができるようです。

 

情報元はこちら

 

Hyper-V利用時にWindowsServerバックアップでホストOSのみ回復が可能か

https://social.technet.microsoft.com/Forums/ja-JP/b7d46f7f-5f18-4c40-b451-606dc0076449/hyperv21033299922617812395windowsserver124961248312463124501248312503?forum=windowsserver2019ja

 

以下は質問内容の抜粋です。

 

WindowsServer2019にHyper-Vをインストールしその上にWindowsServer2012を稼働させたいと考えています。

2019のホストOS上でWindowsServerバックアップを用いてバックアップを取りたいのですが、

その場合ホストOS環境のみを回復させることは可能でしょうか。

C:ホストOSのシステム環境

D:ホストOSで稼働のアプリケーション類

E:Hyper-Vの仮想ハードディスク保存場所

CドライブとDドライブのみ復元させるなどしてEドライブのゲストOS環境に影響なくホストOS環境のみ回復が出来れば理想です。

 

Hyper-Vを構成する場合は、上記のように仮想マシンの保管先はシステム領域と別にしたほうがいいですね。

 

 

続いて回答内容です。

 

可能かと思います。復旧方法はベアメタルリカバリで復旧させたいかと思いますが、バックアップの取得対象をベアメタル+Cドライブ,Dドライブを選択しておけば、ベアメタルリカバリ時にCドライブとDドライブが復旧され、Eドライブはそのままになるかと思います。(復旧時にベアメタルリカバリのオプションでフォーマットするオプションにチェックを付けると、フォーマットするディスクを選択できるのですが、ディスクが一本の場合はEドライブがフォーマットされる可能性があるので注意が必要です。)

Cドライブ、Dドライブ、Eドライブでバックアップを取得している場合は、ベアメタルリカバリ時のオプションでシステムドライブのみ復旧させるオプションがあるので、Cドライブのみをベアメタルリカバリで復旧させた後にオンラインでDドライブを復旧させるとかになると思います。(CドライブとDドライブの整合性があっていないと動かないアプリとかであれば復旧しても動かない可能性があるので注意が必要です。)

 

個人的に上記を実際に動作検証したことがないので、あくまで参考として実際にバックアップリストア検証をすることが重要ですね。

 

公式のHyper-Vのバックアップについての情報は以下を参考にしてみてください。

Hyper-V 仮想マシンのバックアップ | Microsoft Docs

 

ホストOSとゲストOSについての説明があります。

 

「2021年最新充電式」アルコールディスペンサー アルコール自動噴霧器 アルコール消毒噴霧器 噴霧状 自動誘導 非接触式 噴出量2段階調整 350ml大容量 1200mAh IPX4防水 細菌抑制 ウイルス対策 感染予防 洗面所/キッチン/学校/病院など公共の場所に適用 日本語取扱説明書付き