ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

ファイアウォールなどで通信がブロック、許可をudp、tcp通信確認ができるソフト NetMi

LANやWAN間のネットワークのスループットを計測できるツールの一つNetmiという無料のソフトウェアがあって、ネットワークの案件で新規NW構築、ネットワークのリプレイスを行う場合に帯域調査をするのに以前、利用していました。

 

最近はサーバー案件ばかりしていて、このツールの存在を忘れていたのですが、ネットワークの作業もすることがあって、このソフトの存在を久しぶりに知りました。

 

Netmi以外だとiPerfなんかも便利です。iPerfはコマンドラインで結果を残せるのと、個人的にはスループットの結果は、iPerfのほうが正確なのではないかと思っています。

 

NetmiはGUI画面で操作がしやすいというところがあります。



このツールは計測したいネットワークの端にPCを接続、データ送信を実施し、スループットを測定します。

 ⇒NetMi (Vector)

 

ソフト詳細説明
NetMiはPC間のネットワークのスループットを計測するツールです。

ローカルのネットワークの速さを調べたいときに使用してください。

 

バージョンは更新されていませんが、64bit版のWindows 10でも一応動作できることは確認できています。


ちなみに、NetMiはクライアント、もしくはサーバーのどちらか一方で動作します。使い方は、片方がクライアント、もう一方がサーバーというような感じです。

 

 

以下は、過去にスループットを計測する際にアップした記事ですが、udptcp通信の確認にも使えます。

 

【Netmiの使い方】

■共通
ダウンロードサイトからダウンロードします。

②Netmintを起動します。
※OSの対応はXPまでですが、NetMintはXP対応なので、こちらを起動。

f:id:merrywhite:20200804073158j:plain


■サーバ側
①「サーバーとして動作する」にチェックを入れます。

f:id:merrywhite:20200804073208j:plain



②クライアント側でデータ送信させます。送信完了後、「平均受信速度」をチェックします。

f:id:merrywhite:20200804073218j:plain

 



■クライアント側
①「相手のIPアドレス」に宛先のアドレスを入力します。

ここで、ポート番号、UDPもしくはTCPを選択することで、通信試験にも使えます。

f:id:merrywhite:20200804073229j:plain



②「相手先のチェック」をクリックします。問題なければ、「応答がありました~」と表示されます。都度、実行する必要はありません。あくまでチェックです。

f:id:merrywhite:20200804073239j:plain



③クライアント側からサーバ側へデータ送信します。今回は、「一定時間送信を行う」にチェック。

f:id:merrywhite:20200804073311j:plain



④データ送信が完了したら「平均送信速度」をチェックします。

f:id:merrywhite:20200804073325j:plain



以上で、基本的な使い方はOKです。


そして、このツールの使用時の注意点ですが、送信側はサーバ側までのNWのスループットを表示しているというよりは、接続しているNW機器のポートの転送速度を表示します。


その為、個人的にはスループットを測定するならiperf、tcpudpの通信試験をするなら、Netmiかなという使い方がいいのではと思います。

 

Anker PowerCore Essential 20000 (モバイルバッテリー 20000mAh) 【USB-C入力ポート/PSE技術基準適合/PowerIQ/低電流モード搭載】 iPhone iPad Android 各種対応 (ブラック)