ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

ESXi7 Rawデバイス マッピング(RDM)のディスクサイズを拡張する方法

ESXi7 Rawデバイス マッピング(RDM)のディスクサイズを拡張する方法についての情報になります。ちなみに、Rawデバイス マッピング(RDM)とは、直接、仮想マシンにローカルディスクやストレージをマウントさせる方法ですね。仮想ディスクより処理が早いと言われています。

 

そして、情報元がこちら

 

Raw デバイス マッピングRDM)のサイズを拡張する (1007021)

https://kb.vmware.com/s/article/1007021?lang=ja

 

この記事では、仮想マシンで使用中の Raw デバイス マッピングRDM)を拡張する方法についての情報になります。

 

解決方法

警告: この操作を試みる前に、ディスクにスナップショットがないことを確認してください。スナップショットが存在する場合は、それらをコミットしてください。コミットしない場合、Extending a RDM with snapshots can result in corrupted data (1005351) で説明されているようにデータが破損する可能性があります。詳細については、VMware vSphere や Infrastructure Client で検出できない未処理の差分ファイルやスナップショットがあるかどうかを調べる (1005049) を参照してください。

https://kb.vmware.com/s/article/1005049?lang=ja

 

注: スナップショットは、仮想互換モードの RDM でのみ取得できます。スナップショットを使用しない場合、物理互換モードでマッピングされる最大 LUN サイズは、ESX/ESXi 4.x では 2 TB - 512 bytes、ESXi 5.x では 64 TB です。詳細については、ESX/ESXi 3.x/4.x ホストが 2 テラバイト LUN をサポートしない (3371739) と ESXi/ESX 仮想マシンのスナップショット作成が次のエラーで失敗する:ファイルがサポートされている最大サイズを超えています (1012384) を参照してください。

 

 

RDM のサイズを拡張する手順は、タイプによって異なります:

 

物理互換モード

物理互換モードの RDM は、パススルー RDM とも呼ばれ、マッピングされた LUN の物理プロパティをゲスト OS に公開します。ゲスト OS が、拡張されたマップ済みの LUN に追加されたスペースを認識するようにするには、まず ESXi ホストから、次にゲスト OS から再スキャンを実行します。このプロセスでは、仮想マシンまたは ESXi ホストを再起動する必要はありません。

追加されたディスク領域を使用するために RDM ファイル(.vmdk またはメタデータ ポインタ)を変更する必要はありません。

 

仮想互換モード

RDM を安全に拡張するには:

 

①SAN 側から RDM LUN を拡張します。サポートが必要な場合は、ベンダーにお問い合わせください。
②ESXi で再スキャンを実行して、新しい LUN サイズが検出されることを確認します。
RDM ポインタ ファイルを Storage vMotion するか、次の手順で RDM マッピングを再作成して、マップされたディスク サイズを更新します。

 

仮想マシンをシャットダウンします。
仮想マシンの設定で RDM の scsiX:Y 位置を記録して、仮想マシンから RDM のディスクを削除します。
・LUN を RDM として仮想マシンに再追加します。
( [仮想マシン設定] > [追加] > [ハードディスク] > [RDM] に移動して、削除前に RDM が使用していた scsiX:Y 位置を選択します )

仮想マシンをパワーオンします。

 

④ゲスト OS から再スキャンを実行します。

 

注: 1 台以上の ESXi ホストに提示されている LUN に変更を加える場合は、その LUN が提示されたすべてのホストでストレージの再スキャンを実行して、新しいサイズがすべてのホストで一貫するようにする必要があります。
パーティション テーブル情報の変更は、ゲスト OS 内で行われます。

 

次のツールは、Windows パーティションのサイズを大きくする可能性があります。
diskpart
Partition magic
Altaris

 

次のツールは、Linux パーティションのサイズを大きくする可能性があります。
parted
gparted

 

注意: データの損失を防ぐために、ベンダーのドキュメントに厳密に従ってください。

注: サード パーティの Recovery Point 管理ソフトウェア(EMC およびその他)を使用している場合、適切に表示されないか LUN の再スキャンができません。
この問題を解決するには、RP ユーティリティからそのストレージを一時的に除外して、再スキャン後に再追加します。

 

ESXi7 Rawデバイス マッピング(RDM)のディスクサイズを拡張する方法を探していた方は参考にしてみてください。