ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

コンポーネントストア(C:\Windows\WinSxS)の状態チェック、修復をするコマンド

WindowsUpdateなどを実行した場合に、エラーがでて失敗する場合に、コンポーネントストア(C:\Windows\WinSxS)の状態チェック、修復をするコマンドについての情報です。

 

情報元

システム ファイル チェッカー ツールを使用して不足または破損しているシステム ファイルを修復する

 

support.microsoft.com

 

 

Windows 機能が動作しない場合や、Windows クラッシュが発生した場合は、システム ファイル チェッカーを使用して Windows をスキャンし、ファイルを復元しますということで、確認方法と修復方法です。

 

 

■システム ファイル チェッカー ツール (SFC.exe) を実行する

①管理者としてコマンド プロンプトを開きます。 これを行うには、お使いのオペレーティング システムに応じて次の手順を実行します。

 

Windows 10、Windows 8.1、または Windows 8 を実行している場合は、システム ファイル チェッカーを実行する前に、まず受信トレイの展開イメージのサービスと管理 (DISM) ツールを実行します。 

 

・状態の確認

> DISM.exe /Online /Cleanup-Image /CheckHealth

 

・修復(上記でエラーが見つかった場合)

> DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth

 

重要: このコマンドを実行すると、DISM は Windows Update を使用して破損の修復に必要なファイルを提供します。 ただし、Windows Update クライアントが既に破損している場合は、修復ソースとして実行中の Windows インストールを使用するか、ファイルのソースとしてネットワーク共有またはリムーバブル メディア (Windows DVD など) の Windows のサイドバイサイド フォルダーを使用します。 これを行うには、次のコマンドを実行します。

 

> DISM.exe /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth /Source:C:\RepairSource\Windows /LimitAccess

 

※上記はインターネットにでれない場合です

 

 

コマンド プロンプトで以下のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

 

> sfc /scannow

 

sfc /scannow コマンドにより、保護されているすべてのシステム ファイルがスキャンされ、破損したファイルが、%WinDir%\System32\dllcache の圧縮フォルダーにあるキャッシュ コピーに置き換えられます。
%WinDir% の部分は、実際の Windows オペレーティング システムのフォルダーに変更してください (例 :C:\Windows)。

 

正常な場合

Windows リソース保護は、整合性違反を検出しませんでした。

⇒これは、不足または破損しているシステム ファイルがないことを意味します。

 

その他

Windows リソース保護は要求された操作を実行できませんでした。

⇒この問題を解決するには、システム ファイル チェッカーのスキャンをセーフ モードで実行し、%WinDir%\WinSxS\Temp の下に PendingDeletes フォルダーと PendingRenames フォルダーが存在することを確認します。

 

その他、詳細はサイトを確認してください