ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows Server 2016に複数のウイルス対策製品がインストールされている場合に発生する問題を防ぐ必要

Windows Server 2016を構築する場合に注意が必要なのがウイルス対策ソフトの導入についてです。多くの場合、管理のしやすさや、これまでの利用の経緯からWindows Defenderではなく、サードパーティー製のウイルス対策ソフトをインストールしているのではないでしょうか。

 

例えば、トレンドマイクロとかマカフィーとかです。家で使うならWindows Defenderでもいいかもですが、企業の場合は、運用管理のしやすさが重要なのでサードパーティー製のウイルス対策ソフトをインストールしたほうがいい場合もあります。

 

そちらのほうが多機能なことが多いですしね。

 

そして、 Windows Server 2016に複数のウイルス対策製品がインストールされている場合に発生する問題を防ぐ必要があることをご存知ですか?

 

これ、意外と知らない人が多くて、そもそもDefenderが動いていることすら知らない人もいてびっくりしますが、複数のアンチウィルスソフトが入っていると動作が重くなったり、誤動作を起こしたりします。

 

これについて公式の情報もありますので紹介します。

 

Microsoft Defender ウイルス対策と他のセキュリティ製品との互換性 - Windows security | Microsoft Docs

 

 

 以下のようにあります。

 

( 2 ) Windows Server 2016 では、Microsoft 以外のウイルス対策製品をインストールしても、Microsoft Defender ウイルス対策は自動的にパッシブ モード に入らない。 さらに、Microsoft Defender ウイルス対策はパッシブ モードではサポートされていません。 このような場合は 、Microsoft Defender Antivirus を手動で無効またはアンインストールして、サーバーに複数のウイルス対策製品がインストールされている場合に発生する問題を防ぐ必要があります。

 

Microsoft Defender Antivirus を手動で無効またはアンインストールして、サーバーに複数のウイルス対策製品がインストールされている場合に発生する問題を防ぐ必要があると書かれています。

 

続いて無効にする方法です。

 

役割と機能の削除ウィザードを使用して Microsoft Defender ウイルス対策を無効にする

 

①「 役割、役割サービス、または機能のインストールまたはアンインストール」を参照し、役割と機能の削除 ウィザードを使用します。
②ウィザードの [機能] ステップに アクセスしたら、[機能] オプションのWindows Defender 解除 します。
③[Windows Defender機能****] セクションでWindows Defenderをオフにすると、**** インターフェイス オプションの GUIを削除するように求めるメッセージが表示Windows Defender。
Microsoft Defender ウイルス対策は、ユーザー インターフェイスなしでは正常に実行されますが、コア 機能を無効にすると、ユーザー インターフェイスWindows Defender できません。

 

PowerShell を使用して Microsoft Defender ウイルス対策ユーザー インターフェイスをオフにする
Microsoft Defender ウイルス対策 GUI を無効にする場合は、次の PowerShell コマンドレットを使用します。

Uninstall-WindowsFeature -Name Windows-Defender-GUI

 

忘れがちな設定なので参考にしてみてください。