ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows Server 2019で使える無償のActivePerlは本番利用はライセンスが必要

Windows ServerでIISを使っている環境でActive Perlを使っているケースをよく見ますが、以前は無償で使えていたのでしょうか。

 

Windows Server 2019で使える無償のActivePerlは本番利用はライセンスが必要なので注意が必要です。

 

開発環境では無償のCommunity Editionが利用できるようです。情報元はこちら

 

「ActivePerl」v5.26が公開、脆弱性対策として“@INC”の仕様変更が導入される - 窓の杜

 

 「ActivePerl」はWindows 7/8/10およびWindows Server 2008/Server 2012に対応しており、現在、同社のWebサイトからダウンロード可能。商業・政府組織における本番利用でなければ、オープンソースコミュニティ向けの“Community Edition”が無償で利用できる。

 

 

おそらく開発環境だけで利用するというケースは少ないと思いますので、ライセンスの購入が必要です。

 

また、ダウンロードする手順が色々とサイトやブログなどで公開されていますが、インターネットに接続できることがインストール完了の前提となります。

 

インターネットに接続できないオフラインの環境の場合は、リモートサーバと接続できない旨のメッセージが表示されてインストールに失敗します。これはライセンス管理をしている関係ではないかと思いますので、利用状況に注意が必要です。

 

ライセンス違反となると監査などで指摘されますし、違法ですからね。

 

エレコム マウス ワイヤレス (レシーバー付属) Lサイズ 5ボタン (戻る・進むボタン搭載) BlueLED 握りの極み ブラック M-XGL10DBBK