ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

ESXi 仮想マシンに無効な CPU 割り当てが要求されました エラー 起動に失敗

ESXi 仮想マシンに無効な CPU 割り当てが要求されました エラー 起動に失敗する事象があるようです。

 

仮想マシンをパワーオンできず、次のエラー メッセージが表示されます。

 

・この操作は現在の状態では許可されません
・CPU min が有効な範囲外です
仮想マシンをパワーオンするホストの検出に失敗しました
仮想マシンに無効な CPU 割り当てが要求されました

 

次のようなメッセージが /var/log/vmware/hostd.log に出力されることがあります。

 

msg = 'Group host/user: Invalid cpu allocation requested for VM vmm0:V0D0-MVCSSA0-01. (min: 6400 mhz, max: 4294967295, minLimit: 4294967295, shares: 4294967292)\nCould not power on VM : CPU min outside valid range.\nFailed to power on VM',
faultCause = <unset>,
faultMessage = (vmodl.LocalizableMessage) ,
reason = 'Group host/user: Invalid cpu allocation requested for VM vmm0:V0D0-MVCSSA0-01. (min: 6400 mhz, max: 4294967295, minLimit: 4294967295, shares: 4294967292)\nCould not power on VM : CPU min outside valid range.\nFailed to power on VM',
messageInfo = (vim.vm.Message)

null

 

関連するバージョン

 

VMware vSphere ESXi 7.0.0
VMware vSphere ESXi 6.7
VMware vSphere ESXi 6.5
VMware vSphere ESXi 6.0
VMware vCenter Server Appliance 6.7.x
VMware vCenter Server Appliance 6.5.x
VMware vCenter Server Appliance 6.0.x
VMware vCenter Server 7.0.x

 

 

この問題は、CPU min 値が PCPU で提供できない有効範囲外である場合に発生します。

CPU min 値は次の場合に無効になる可能性があります。

 

・仮想マシンがあるホストから別のホストに移行されたが、ターゲット ホストの PCPU 容量がソース ホストの PCPU 容量より小さい場合。
・仮想マシンが作成された後に PCPU 値が変更され、現在の PCPU 容量では仮想マシンの要件を満たすことができない場合。

 

この問題を vSphere Client から解決するには、次の手順を実行します。

 

①適切な管理者認証情報を使用して、ESX または vCenter Server ホストに接続します。
②インベントリから仮想マシンを選択します。
③仮想マシンを右クリックし、設定の編集 をクリックします。
④仮想マシンのプロパティ ダイアログで、リソース タブをクリックします。
⑤設定 列の下のリストから CPU を選択します。
⑥スライダまたは [予約] テキスト ボックスを使用して、CPU 予約値を下げます。

 

この問題を ESXi Shell 経由で解決するには、次の手順を実行します。
①ESX ホストとの SSH セッションを確立します。
②root としてログインします。
③次のコマンドを実行して、ESX ホストに登録されている仮想マシンの構成ファイルの場所をリストします。

vmware-cmd -l

④トラブルシューティングしている仮想マシンの .vmx ファイル(構成ファイル)の場所を記録します。

次に例を示します。

/vmfs/volumes/46b2f3eb-ced4c7d8-c1d2-111122223333/<vm-name>/<vm-name>.vmx

⑤ESX ホストに目的の仮想マシンが登録されていない場合に、その構成ファイルを検索するには、次のコマンドを実行して Enter を押します。

find /vmfs -name "*.vmx”

⑥<vm-name>.vmx ファイルのバックアップ コピーを作成します。
⑦テキスト エディタで <vm-name>.vmx ファイルを開き、次の行を探します。

sched.cpu.min = "3230"

⑧引用符で囲まれた値が 1 コアの物理 CPU の量を超えています。 この値を変更して予約を減らします。
⑨ファイルを保存し、エディタを終了します。
⑩仮想マシンをパワーオンします。

 

この事象はCPUの予約値を利用していない環境の場合は発生しないですね。優先度の高い仮想マシンがいる場合に発生するケースがあるかもしれません。同様の事象が発生した場合に参考になりますね。

 

情報元

CPU 予約値が高いとき仮想マシンがパワーオンされない (1001637)

https://kb.vmware.com/s/article/1001637?lang=ja