ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Ciscoルータのサブインターフェイスの「削除済み(deleted)」ステータス表示を消す方法

Ciscoルータのサブインターフェイスの「削除済み(deleted)」ステータス表示を消す方法に関する情報になります。

 

情報元はこちら。

How to remove "deleted" status of sub-interface on cisco router. - Cisco Community

 

質問の抜粋です。

 

ciscoルータのサブインターフェースの「deleted」ステータスを削除/消滅させる方法を教えてください。ルーターのサブインターフェイスを削除すると、ステータス欄に「deleted」と表示されます。このステータスを削除する方法はありますか?唯一の方法は、ルーターをリロードすることです。

 

確かに表示が残るはなんか気持ち悪いですよね。

 

 

ルーターをリロードしない限り、削除されたステータスは消えませんとありますね。

 

回答内容の抜粋です。

 

私の経験では、サブインターフェイスがシリアルインターフェイス(フレームリレーサブインターフェイス)に設定されていた場合、インターフェイスカプセル化を(pppなどに)変更してから、カプセル化フレームリレーに戻すと、サブインターフェイスが削除されます。しかし、ギガビットイーサネット上では、サブインターフェースはshow ip interface briefの出力には残りますが、show running-configの出力にはルーターがリロードされるまで表示されません。

 

何が起こっているのかを理解するのに役立つかもしれません。この説明は、ランニングコンフィグが(私たちが時々考えるような)テキストファイルではなく、バイナリデータ構造であることを理解することから始まります。最初にサブインターフェースを設定すると、インターフェース構造にエントリが作成されます。サブインターフェイスを削除すると、インターフェイス構造に関連するコンテンツは削除されますが、構造内のエントリは残り、それを削除する唯一の方法はルータをリロードすることです。

 

リロードが必要なのは動作なのかもしれないですね。

 

PO.YANK WiFiプロジェクター 6500LM【720Pネイティブ解像度】スマホとケーブルなしで直接接続 1080PフルHD対応 デュアルスピーカー内蔵 スマホ/タブレット/パソコン/TV Stick/ゲームプレイヤー/DVDプレイヤーなど多種多様な機器と接続可能 標準的なカメラ三脚に取り付け可能