ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

ESXi 6.5ホストでsfcbプロセスが「signal:6exitCode:0 coredump:enabled」エラーでクラッシュする

ESXi 6.5ホストでsfcbプロセスが「signal:6exitCode:0 coredump:enabled」エラーでクラッシュする事象についての情報になります。

 

症状

●sfcbプロセスがESXi6.5ホストでクラッシュし、/ var / core /にzdumpファイルが作成されます
●/var/run/log/hostd.logでは以下と類似したメッセージが確認できます。

 

2016-12-29T00:22:55.455Z info hostd[CB81B70] [Originator@6876 sub=Hostsvc.VmkVprobSource] VmkVprobSource::Post event: (vim.event.EventEx) {
--> key = 218190868,
--> chainId = 0,
--> createdTime = "1970-01-01T00:00:00Z",
--> userName = "",
--> datacenter = (vim.event.DatacenterEventArgument) null,
--> computeResource = (vim.event.ComputeResourceEventArgument) null,
--> host = (vim.event.HostEventArgument) {
--> name = "esxi.hostname.local",
--> host = 'vim.HostSystem:ha-host'
--> },
--> vm = (vim.event.VmEventArgument) null,
--> ds = (vim.event.DatastoreEventArgument) null,
--> net = (vim.event.NetworkEventArgument) null,
--> dvs = (vim.event.DvsEventArgument) null,
--> fullFormattedMessage = <unset>,
--> changeTag = <unset>,
--> eventTypeId = "esx.problem.application.core.dumped",
--> severity = <unset>,
--> message = <unset>,
--> arguments = (vmodl.KeyAnyValue) [
--> (vmodl.KeyAnyValue) {
--> key = "1",
--> value = "/bin/sfcbd"
--> },
--> (vmodl.KeyAnyValue) {
--> key = "2",
--> value = "309"
--> },
--> (vmodl.KeyAnyValue) {
--> key = "3",
--> value = "/var/core/sfcb-smx-zdump.002"
--> }
--> ],
--> objectId = "ha-host",
--> objectType = "vim.HostSystem",
--> objectName = <unset>,
--> fault = (vmodl.MethodFault) null
--> }
2016-12-29T00:22:55.455Z verbose hostd[CB81B70] [Originator@6876 sub=PropertyProvider] RecordOp REMOVE: latestPage[213], session[52f2e39a-eaf9-e8c6-1154-e62673660715]52345a88-0c77-9f7a-c104-51afbb40364f. Applied change to temp map.
2016-12-29T00:22:55.455Z verbose hostd[CB81B70] [Originator@6876 sub=PropertyProvider] RecordOp ADD: latestPage[223], session[52f2e39a-eaf9-e8c6-1154-e62673660715]52345a88-0c77-9f7a-c104-51afbb40364f. Applied change to temp map.
2016-12-29T00:22:55.455Z verbose hostd[CB81B70] [Originator@6876 sub=PropertyProvider] RecordOp ASSIGN: latestEvent, ha-eventmgr. Applied change to temp map.
2016-12-29T00:22:55.456Z info hostd[CB81B70] [Originator@6876 sub=Vimsvc.ha-eventmgr] Event 223 : An application (/bin/sfcbd) running on ESXi host has crashed (309 time(s) so far). A core file might have been created at /var/core/sfcb-smx-zdump.002.

 

●/var/run/log/vmkernel.logでは以下と類似したメッセージが確認できます。

2016-12-29T00:22:53.490Z cpu2:316641)User: 3089: sfcb-smx: wantCoreDump:sfcb-smx signal:6 exitCode:0 coredump:enabled
2016-12-29T00:22:53.595Z cpu0:316641)UserDump: 3024: sfcb-smx: Dumping cartel 316636 (from world 316641) to file /var/core/sfcb-smx-zdump.002 ...
2016-12-29T00:22:55.454Z cpu2:316641)UserDump: 3172: sfcb-smx: Userworld(sfcb-smx) coredump complete.

 

 

原因

この問題は、sfcbプロセスがリソースプールで使用可能なメモリを使い果たしたときに発生します。

 

影響、リスク

ESXi管理エージェントを再起動すると、ESXiホストが切断されたと一時的に表示されます。

警告:LACPがvSANネットワークで構成されている場合は、vSANを実行しているESXiホストで管理エージェントを再起動しないでください。
●管理エージェントを再起動すると、再起動時にESXiホストで実行されているタスクに影響を与える可能性があります。
●Host deamon hostd serviceまたはservices.shを再起動する前に、ストレージの問題を確認してください

 

解決方法

この問題は、HPE VMware ESXi 6.5(2017年7月)のカスタムISOイメージで解決されています。

https://support.hpe.com/hpesc/public/docDisplay?docId=emr_na-a00019865en_us

 

回避策

プロバイダーがクラッシュした後に表示が表示されない問題を回避するには、次のいずれかの手順を実行して、HPE Insight ManagementWBEMプロバイダーを再起動します。
コマンド「/etc/init.d/sfcbd-watchdogrestart」を実行します。
コンソールを使用して、管理エージェントを再始動します。
vCenterを使用して管理エージェントを再起動します

 

最新 Apple iPad?Air (10.9インチ, Wi-Fi, 64GB) - ローズゴールド (第4世代)