ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

ServerProtect for Linux(SPLX) 仮想マシンのUEFIセキュアブート有効時、リアルタイムスキャンが動作しない

ServerProtect for Linux(SPLX) 仮想マシンUEFIセキュアブート有効時、リアルタイムスキャンが動作しないという事象についての情報になります。

 

ちゃんとサイトやマニュアルを見ていれば気づけるのですが、意外とさらっと気づかずにリアルタイムスキャンが動作していないということに後から気づくことがあるかもしれません。

 

eicarなどでリアルタイム検出の動作確認をしていれば問題ないですが、していない場合は、実は動いていなかった!とならないように注意してください。

 

そして、その情報はサイトに書かれています。

 

こちら

https://downloadcenter.trendmicro.com/index.php?regs=jp&prodid=1320

 

以下は抜粋です。

 

ServerProtect for Linuxは、UEFIセキュアブートと互換性がありません。
UEFIセキュアブートが有効になっている場合、Kernel Hook Module (カーネルフックモジュール, KHM)は正しくロードされません。

 

確か、どこかのブログにも同様のことが書かれていた記憶があります。

 

VMwareのESXiでデフォルト設定がどちらかは手元に実機がないので確認できませんが、有効にしているとカーネルフックモジュールが動作しないので注意してください。