ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

カスタマイズタイムアウトエラーが原因でHorizon Viewデスクトップのプロビジョニングが失敗する

カスタマイズタイムアウトエラーが原因でHorizon Viewデスクトップのプロビジョニングが失敗するについての情報です。

 

症状
Viewデスクトップのプロビジョニングが失敗する
カスタマイズタイムアウトエラーが表示されます
複製された仮想マシンネットワークアダプターがインストールされていません
ネットワークアダプタはデバイスマネージャに表示されますが、ドライバがインストールされていません
View Administratorで、次のエラーが表示されます。

 

No network communication between the View Agent and Connection Server. Please verify that the virtual desktop can ping the Connection Server via the FQDN

 

原因
この問題は、VMXNET3アダプターの追加方法が原因で発生します。Windows7またはWindowsServer 2008 R2 SP1 Datacenter Editionゲストオペレーティングシステムは、アダプターを新しいデバイスとして識別し、クローン作成プロセス中にドライバーを正しくインストールしません。

 

 

解決
Microsoftは、この問題を解決するホットパッチ(KB2550978)をリリースしましたが、ホットパッチはWindowsUpdateに含まれるようになりました。

 

この問題を解決するには:

1.親仮想マシンに新しいWindowsUpdateをインストールします。
Windows 7の場合は、[コントロールパネル]-> [システムとセキュリティ]-> [WindowsUpdate]-> [更新の確認]に移動します。
Windows 10の場合は、[設定]-> [更新とセキュリティ]に移動します。「最新です」が表示されていることを確認します。「アップデートの確認」ボタンをクリックする必要はありません。

2.仮想マシンの新しいスナップショットを作成します。
a. 仮想マシンでIPリースを解放します。
b. 仮想マシンの電源を切ります。
c. vSphere Clientで、仮想マシンをクリックします。
d. [この仮想マシンのスナップショットを作成する]をクリックします。
e. スナップショットに名前と説明を付けます。
f. [OK]をクリックします。

3.デスクトッププールを再構成します。
a. View Managerコンソールで、[インベントリ] > [プール]をクリックします。
b. 再構成するプールをダブルクリックします。
c. [ステータス]をクリックして、プールのプロビジョニングが有効になっていることを確認します。
d. View Composer > Recomposeをクリックします。
e. 新しいスナップショットをクリックします。
f. [次へ]をクリックします。
g. スケジュールと警告のオプションを設定します。
h. [次へ]をクリックします。
i. 確認情報を確認します。
j. [完了]をクリックします。

注:View DesktopsがVMXNET3アダプターの代わりにE1000アダプターを使用している場合は、アダプターをVMXNET3に変更する必要があります。


ネットワークアダプタをVMXNET3に変更するには:

1. vSphereClientにログインします。
2. リンククローンデスクトップの場合は、親仮想マシンを右クリックします。フルクローンデスクトップの場合は、仮想マシンを右クリックします。
3. [設定の編集]をクリックします。
4. E1000ネットワークアダプタをクリックし、[削除]をクリックします。
5. [追加] > [イーサネットアダプタ]をクリックします。
6. 以下のためにタイプ、選択VMXNET3を。
7. 接続する正しいネットワークを選択してください。
8. [次へ] > [完了]をクリックします。
9. 仮想マシンの電源を入れます。
10. Windows仮想マシンの場合、ゲストOSに最新のWindowsUpdateがインストールされていることを確認します。

Windows 7の場合は、[コントロールパネル]-> [システムとセキュリティ]-> [WindowsUpdate]-> [更新の確認]に移動します。
Windows 10の場合、VMを1日間実行したままにしてから、[設定]-> [更新とセキュリティ]に移動します。「最新です」が表示されていることを確認します。「アップデートの確認」ボタンをクリックする必要はありません。

11. VMwareToolsとViewAgentをアンインストールしてから、VMwareToolsとViewAgentを再インストールします。
12. リンククローンの場合は、IPアドレスを解放し、仮想マシンの電源を切り、新しいスナップショットを作成します。
13. 新しいスナップショットを使用してプールを再構成します。

 

情報元

Provisioning View desktops fails due to customization timeout errors (2007319)

https://kb.vmware.com/s/article/2007319?lang=en_US