ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

ウイルスバスターCorp.Master Serviceを停止または開始できない

ウイルスバスターCorp.Master Serviceを停止または開始できない場合の事象についての情報になります。

 

情報元はこちら。

https://success.trendmicro.com/solution/1057936-unable-to-stop-or-start-the-officescan-master-service#

 

概要
ウイルスバスターCorp.サーバアプリケーションを管理する際の基本的な項目の1つは、ウイルスバスターCorp.マスターサービスを停止および開始することです。これは、次の問題のいずれかが発生したときにウイルスバスターCorp.製品のトラブルシューティングを行う際の要件です。

 

ウイルスバスターCorp.管理コンソールにアクセスできません。
●サーバーホストマシンを再起動すると、ユーザは約1時間以内にウイルスバスターCorp.コンソールにアクセスできます。
Microsoftサービスアプレットを介してウイルスバスターCorp.マスターサービスを開始または停止すると、次のエラーが表示されます。

 

Windowsは、ローカルコンピューターでウイルスバスターCorp.マスターサービスを停止できませんでした。
エラー1053:サービスが開始要求または制御要求にタイムリーに応答しませんでした。

 

 

詳細
問題を解決するには:

 

①最新のMicrosoft.NETFramework がウイルスバスターCorp.サーバアプリケーションをホストしているサーバに適用されていることを確認してください。
ノート:
Windows 2008、2008 R2、2012、および2012 R2ユーザーの場合は、サーバーコアの役割が設定されていないことを確認してください。
Windows 2003シリーズサーバーのユーザーの場合、この更新プログラムを適用する前に、必ずService Pack2を適用してください。

 

Windowsサービスアプレットを介して次のサービスを再起動します。
●Apache2サービス
トレンドマイクロウイルスバスターCorp.マスターサービス

 

Webブラウザーから履歴、キャッシュ、およびCookieをクリアします。
Webブラウザを使用してウイルスバスターCorp.管理コンソールを起動します。
ウイルスバスターCorp.管理コンソールにログオンします。

 

手順2を実行しても問題が解決しない場合は、次の追加オプションを実行します。
●オプション1:データベースが破損していない場合(HTTPDBフォルダーに* .TMPファイルが存在しない場合)、次の手順を実行します。

 

1. <ウイルスバスターCorp.サーバ> \ PCCSRV \ HTTPDBフォルダにあるファイルをバックアップして削除します。
2. ウイルスバスターCorp.用の仮想ディレクトリを再作成します。
3. World WideWebおよびウイルスバスターCorp.マスターサービスサービスを再起動します。
注:両方のサービスがそれに応じて再起動する場合は、次の手順に進みます。
4. ウイルスバスターCorp.管理にログオンします。

 

オプション2:データベースが破損している場合(* .TMPファイルがHTTPDフォルダーに存在する場合)、次の記事の手順を実行します。ウイルスバスターCorp.管理コンソールにログインすると、「ウイルスバスターCorp.マスターサービスが停止しました…」と表示されます。

OfficeScan Master Service was stopped when logging in - OfficeScan