ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

複数のユーザー プロファイルが存在する場合のSysprepはプロファイル破損の原因になる

複数のユーザー プロファイルが存在する場合のSysprepはプロファイル破損の原因になるそうです。

 

そういえば、以前、マイクロソフトのフォーラムの情報でsysprepでプロファイルが破損したという情報があったような気がします。

 

デフォルトプロファイルの破損について

https://social.technet.microsoft.com/Forums/ie/ja-JP/102d6c31-e7b0-44a4-8790-eba845db1401?forum=w7itprogeneralja

 

以下は質問内容の抜粋です。

 

windows7 pro. 32bit Workgroup 環境で、追加したユーザでログインしようとするとエラーが表示されログインできません。
エラー内容は:User Profile Service サービスによるログオンの処理に失敗しました。ユーザープロファイルを読み込めません。

何度かユーザを作り直してログインしても同症状でした。

この場合、デフォルトプロファイルが破損しているのではないかと思うのですが、
windows7でデフォルトプロファイルの修復の方法を教えていただけないでしょうか。

また、現象端末はイメージ展開を行っていて、同じイメージを復元した端末でも症状が出ていないものもあります。
その場合、正常な端末のデフォルトプロファイルを現象端末へコピーすることは可能でしょうか。

1年ほど使用しておりますので、再度Sysprepでプロファイルを固め直すというのはあまり良くないのではと思います。
Sysprep以外の方法で修復する方法をお願いいたします。

 

 

こちらはマイクロソフトの情報です。

Windows 10 での Sysprep を用いたマスターイメージの作成に関する注意点・推奨事項 | Microsoft Docs

 

6. 複数ユーザープロファイルが存在する環境
複数のユーザー プロファイルが存在するシナリオにおいて Sysprep の使用は想定されておらず、既存のユーザー プロファイルが破損する等の影響を弊社に寄せられています。マスターイメージの作成において、複数のユーザーでログオンし作業するメリットは通常ありませんので、複数ユーザー アカウントがある状態での作業はお控えください。

 

上記にある通り、複数のユーザー プロファイルが存在するシナリオにおいて Sysprep の使用は想定していないとのことです。