ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

VMware Player16 WindowsServer2019簡易インストールでライセンス エラー

VMware Player16に、WindowsServer2019簡易インストールでライセンス エラーがでました。懐かしいエラーだなと思ったら自分が書いた記事に救われました。

 

こちらは2016で発生した場合の内容です。

ityorozuya.hatenablog.com

 

 

今回も意気揚々と、VMwarePlayerでWindows Server 2019をインストールしようとしたら、、、以下のエラーメッセージが表示されました。

 

マイクロソフトソフトウェアライセンス条項が見つかりません。インストール元が有効であることを確認し、インストールを再実行してください。」

 

Windows Server 2016でも同じことが起こったような・・・。

 

と久しぶりにすると毎回同じ状態になるのですが、一旦仮想マシンを停止する必要があります。

 

 

対処法として、

 

仮想マシンをパワーオフし、再度、VMware Playerを起動し、「新規仮想マシンの作成」を再度クリック。

②「後でOSをインストール」にチェックを入れ、次へをクリック。

③ゲストOSに「Microsoft Windows」を選択し、バージョンで「Windows Server 2019」選び、「次へ」をクリック。

 

仮想マシン名に任意の値を入れ、「次へ」をクリック。ディスク容量の指定で次へをクリック。完了で仮想マシンの箱を作成します。

 

続いて、「仮想マシンの設定の編集」をクリックし、「CD/DVD(SATA)」をクリックし、「ISOイメージファイルを使用する」で「参照」をクリック。

 

準備したWindows Server 2016のISOイメージを選択し、ウィザードに従い、仮想マシンを起動します。すると問題なくインストールが開始されます。

 

おそらく簡易インストールでライセンススキップする関係でエラーがでるのではないかと思います。同様の事象が発生した場合は参考にしてみてください。