ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Excel COUNTIF関数でワイルドカード、クエスチョンを除外、無視する方法

ExcelでCOUNTIF関数でワイルドカード、クエスチョンを除外、無視する方法についての情報になります。

 

ワイルドカードやクエスチョンは便利でCOUNTIFやSUMIFなどの関数の条件指定に、0文字以上の任意の文字列を表す「*」(アスタリスク)や、任意の1文字を表す「?」(クエスチョン)などのワイルドカードが使えるのですが、文字列を検索する中にこの文字が含まれていた場合に、数字や英字を検索した場合にも、アスタリスク、クエスチョンが適用されて、カウントされてしまいます。

 

参考になったのが海外のサイトです。文字列の重複エントリをカウントする関数を作成していて、ワイルドカードアスタリスク)が文字をすべてをカウントしまうという内容です。

 

 

そして、回答内容にある

 

COUNTIFの代替手段は次のとおりということで、この式のロジックは、文字自体ではなく文字のコードを検索することだそうです。

 

=SUMPRODUCT(N(CODE([Character])=CODE([@Character])))

 

実際に以下のものをサンプルに使用して動作しました。

 

=SUMPRODUCT(LEN($A$2:$A$12)-LEN(SUBSTITUTE($A$2:$A$12,A2,"")))

 

情報元

https://superuser.com/questions/1327541/excel-how-to-ignore-wildcards-in-countif

 

Anker PowerCore Essential 20000 (モバイルバッテリー 超大容量 20000mAh) 【USB-C入力ポート/PSE技術基準適合/PowerIQ/低電流モード搭載】iPhone iPad Android 各種対応 (ブラック)