ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

仮想メモリページファイルをクリアするGPO設定でWindows10のシャットダウンが遅くなる

仮想メモリページファイルをクリアするGPO設定でWindows10のシャットダウンが遅くなるという事象が発生するそうです。そもそもクリアにする設定があるのも知りませんでした。

 

情報元はこちら。

シャットダウン時に仮想メモリページファイルをクリアするように設定すると Windows のシャットダウンが遅くなる - Windows Client | Microsoft Docs

 

シャットダウン時に仮想メモリページファイルをクリアするように設定されている場合に、Windows のシャットダウンが遅くなる問題の解決策について書かれています。

 

現象
Windows Server 2003 以降のバージョンで [システムのシャットダウン時に仮想メモリのページファイルをクリアする] をオンにすると、コンピューターのシャットダウンに通常よりも時間がかかる場合があります。 この設定は Shutdown と呼ばれ、Windows Vista 以降のバージョンでは仮想メモリページファイルをクリアします。

 

原因
この現象は、このポリシー設定が有効になっている場合に、コンピューターがページングファイル内の各ページに物理的に書き込み、各ページをクリアする必要があるために発生します。 システムがページファイルをクリアするのにかかる時間は、ページファイルのサイズ、および関連するディスクハードウェアによって異なります。

 

 

この動作は仕様とのことです。おそらくクリアするのに時間がかかるからでしょう。

 

Windows Vista およびそれ以降のバージョンでこの設定を確認するには、次の手順を実行します。

 

①[ スタート] ボタンをクリックし、「secpol」と入力して、enter キーを押します。
②[ ローカルポリシー] を展開します。
③[ セキュリティオプション] をクリックします。
④[シャットダウン: 仮想メモリのページファイルをクリアする] の右側にある [セキュリティ設定] 列を確認します。

 

シャットダウンに時間がかかるのはあんまり気にならないかもしれませんね。むしろ起動に時間がかかるほうがストレスですからね。HDDの場合はSSDに変更するとかなり高速で起動します。

 

自宅のPCもSSDにしてから相当快適です。