ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

VMwareFusion MacOS 11(Big Sur)仮想マシンで3Dアクセラレーションを有効にする方法

VMwareFusionでMacOS 11(Big Sur)仮想マシンで3Dアクセラレーションを有効にする方法についての参考情報になります。

 

情報元はこちらのKBです。

 

MacOS 11(Big Sur)仮想マシンで3Dアクセラレーションを有効にする方法(81657)

https://kb.vmware.com/s/article/81657?lang=en_US

 

Mac OS 11(Big Sur)仮想マシンで3Dアクセラレーションを有効にする方法に関する情報が書かれています。

 

要件:
MacOS 11(Big Sur)ホスト以降、macOS 11(Big Sur)ゲスト以降。

 

 

3Dアクセラレーションを有効にするプロセス:
Mac OS 11(Big Sur)仮想マシンで3Dアクセラレーションを有効にするには、次の手順に従います。

 

①VMwareFusionから.vmxファイルを開き ます。仮想マシンのライブラリで、仮想マシンを右クリックし、オプション キーをクリックしてエディタで開き、設定ファイルを編集します。

 

②次の2行を.vmxファイルに追加します。

appleGPU0.present = "TRUE"
svga.present = "FALSE"

 

③.vmxファイルを保存してから、VMwareFusionで開きます。

バンドルバージョンのVMwareツール(11.1.5)は、macOSゲストの解像度の自動調整をサポートしていないため、必要に応じて解像度を手動で設定できます。これを行うには、xxxを目的のサイズに置き換えた後、(上記のように).vmxファイルに2行追加します。

appleGPU0.screenWidth = "xxx"
appleGPU0.screenHeight = "xxx"

これらのオプションは、VMの電源投入時にのみチェックされます。 

 

または、VMware Tools11.2.0にアップグレードして自動調整を有効にすることもできます。

 

a. ダウンロードからVMware Toolsの11.2.0をVMwareのダウンロード。

https://my.vmware.com/en/web/vmware/downloads/info/slug/datacenter_cloud_infrastructure/vmware_tools/11_x
b. MacOS BigSurゲストにVMwareツール11.2.0をインストールします。
c. 仮想マシンの[設定]で[CD / DVD]マウントdarwin.isoをクリックし、[CD / DVDドライバーの接続]をクリックしてから、仮想マシンの電源を入れ、ゲストのCD / DVDからツールをインストールします。

 

検証:
macOS Big Sur仮想マシンで、[このMacについて] > [システムレポート] > [ グラフィックス/ディスプレイ]をクリックします。
②テキスト メタル:サポートされてい ます。

 

注意点

OpenGLベースのアプリケーションはサポートされていません。
現在、仮想マシン内で使用できるのはMetalのサブセットのみであるため、一部のMetalベースのアプリケーションは正常に実行されない場合があります。
一部の特定のハードウェアレンダリングのクラッシュ、macOSゲストのパニック、vmxクラッシュの問題が発生する場合があります。