ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

ESXi7 スナップショットが原因でNFSデータストア上の仮想マシンでIOPS、パフォーマンスが大幅に低下

ESXi7 スナップショットが原因でNFSデータストア上の仮想マシンでIOPS、パフォーマンスが大幅に低下するという事象があるようです。パフォーマンスがでないのは問題になりうるので、同様の構成を組んでいる場合は注意が必要かもしれません。

 

情報元はこちら。

 

スナップショットが存在する場合、NFSデータストア上の仮想マシンでIOPSが大幅に低下します(82004)

https://kb.vmware.com/s/article/82004?lang=en_US

 

症状は以下になります。

 

スナップショットのある仮想マシンのIOPSは、NFSでスナップショットのない仮想マシンで観察されたIOPSよりも減少します。

 

原因は以下になります。

 

この問題は、NFSv3およびNFSv41を搭載したESXiホストで発生します。パフォーマンスへの影響は、NFSで使用されるデフォルトの非ネイティブスナップショット形式のオーバーヘッドによるものです。

 

解決方法は以下になります。

 

この問題を回避するには、通常の非ネイティブスナップショットの代わりにネイティブNFSVAAIスナップショットを使用します。これには、特定のNFSアレイのサポートと、アレイベンダーが提供するプラグインのインストールが必要です。