ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Hyper-Vで作成された仮想マシンの壊れた回復チェックポイントを削除できない

Hyper-Vで作成された仮想マシンの壊れた回復チェックポイントを削除できないという事象についての情報です。

 

個人的にHyper-Vはあんまり操作性が好きではないですが、ライセンスのコストダウンで導入している企業があるかもしれません。

 

そして、チェックポイントが削除できない件については以下が参考になります。

DPM で仮想マシンの回復チェックポイントを削除できない - Windows Server | Microsoft Docs

 

この記事では、DPM Data Protection Managerが失敗し、仮想マシンの壊れた回復チェックポイントを削除できない事象について説明されています。

 

適用対象:  Windows Server 2012R2
元の KB 番号:   3059372

 

現象
DPM Data Protection Managerが失敗した後、Hyper-V によって作成された仮想マシンの壊れた回復チェックポイントを削除することはできません。 この操作を実行すると、Hyper-V マネージャー コンソール GUI仮想マシンのオプションが一覧表示されません。

 

次のコマンドは、VM とその種類のスナップショットの一覧を返します。


Get-VMSnapshot -VMName <virtual machine name>  

 

Hyper-V が通常作成するスナップショットは、Standard の 種類 です。 ただし、DPM は回復の種類のスナップショット を作成 します。 返されるリストでは、実際には壊れたチェックポイントである復旧スナップショットを削除する必要があります。

 

 

原因
DPM の動作方法

一般に、DPM は、仮想マシンのチェックポイントを VM バックアップ プロセスの一部として作成するために Hyper-V を要求します。 バックアップが完了すると、バックアップ完了通知が送信され、Hyper-V はチェックポイントをプライマリ .vhd ファイルにマージし、.avhd ファイルを削除します。

 

壊れたチェックポイントの原因は何ですか?

バックアップが完了した後でも、Windowsサーバーが仮想マシンをロック状態またはバックアップ状態に残すという既知の問題があります。 この問題を解決するには 、「Hyper-V仮想マシンのバックアップ」で説明されている修正プログラムを適用すると、VM はロックされた状態になります。

ただし、この操作を行っても、壊れた回復チェックポイントは残ります。

 

解決方法
GUI を介して壊れた回復チェックポイントを削除する方法はありません。 代わりに、手動でマージする必要があります。 .avhd ファイルを .vhd ファイルにマージする方法については 、「Hyper-V で .avhdを .vhd に手動でマージする」を参照してください。

 

※英語です

https://social.technet.microsoft.com/wiki/contents/articles/6257.manually-merge-avhd-to-vhd-in-hyper-v.aspx

 

また、このリソースは、より優れたソリューション (2008 R2 以降の場合) が VM のスナップショットを作成する方法を示しています。 次に、そのスナップショットを選択してエクスポートします。 これにより、VM のコピーが 1 つの VHD ファイルに作成されます。 その後、古い VM を削除し、新しい VM をインポートできます。

 

Hyper-Vで作成された仮想マシンの壊れた回復チェックポイントを削除できない事象が発生した場合は参考になります。

 

ロジクール ワイヤレスマウス 無線 静音 M220RO 小型 左右対称 ローズ M220 ワイヤレス マウス windows mac chrome 国内正規品