ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows10 UAC 失効した証明書で署名された実行可能バイナリファイルをブロックし起動に失敗

Windows10 UAC 失効した証明書で署名された実行可能バイナリファイルをブロックし起動に失敗することがあるようです。

 

サーバの構築中は色々と制限があるので無効にすることがありますが、おそらくWindows10はセキュリティのために、有効にして運用していると思います。

 

情報元はこちら。

 

UAC は、失効した証明書で署名された実行可能アプリケーションの昇格をブロックします。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/troubleshoot/windows-client/identity/uac-blocks-elevation-executable-apps

 

失効した証明書で署名された実行可能アプリケーションの昇格を許可しない Windows 10 の新しい UAC の動作について説明が書かれています。

 

 

以下抜粋です。

----------------

要約
Windows 10 の新しいユーザーアカウント制御 (UAC) の動作によって、無効にされた証明書を使用してバイナリファイルに署名するアプリケーションの昇格が許可されません。

 

詳細
Windows 10 では、UAC は、失効した証明書で署名された実行可能バイナリファイルをブロックします。

この動作により、ユーザーは特定のアプリケーションを実行できなくなります。 たとえば、ユーザーは、盗んだ証明書を使用してバイナリファイルに署名されたアプリケーションを実行することはできません。

アプリケーションを実行するには、有効な証明書を使用してバイナリファイルを署名する必要があります。

----------------

 

UACは証明書の失効状態をチェックしているんですね。知りませんでした。