ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

ESXi NIC故障で交換後、管理ネットワーク vmkernelでMACアドレスが更新されない、重複する

ESXi NIC故障で交換後、管理ネットワーク vmkernelでMACアドレスが更新されない、重複するという問題があるようです。

 

ESXiのハードウェア障害でNICを交換すると思いますが、MACアドレス情報が更新されない、重複した場合の対処法です。

 

ハードウェア側のMacアドレスとESXiのソフトウェア側の情報の不一致でしょう。

 

情報元はこちら

 

MAC アドレスが更新されないか、vmkernel に重複する MAC アドレスが存在する (1031111)

https://kb.vmware.com/s/article/1031111?lang=ja

 

事象の抜粋です。

 

NIC に新しい MAC アドレスを割り当てるか、MAC アドレスを置換した後、コマンド ラインから esxcfg-vmknic –l コマンドを実行しても、vmk0 管理ネットワークの MAC アドレスが更新されないことがあります。ESXi ホストのデフォルトの設定は、「新しいハードウェア MAC アドレスを選択しない」になっています。

●ESXi ホストで、管理ネットワークにアクセスできません。

●vmkernel に対して ping できません。

●再構築済みの廃止された ESXi 物理サーバに対して ping できません。

●状況によっては、ESXi vmkernel が、異なる物理サーバ上の以前の ESXi インストール環境の MAC アドレスを保持しているため、ネットワーク上に重複する MAC アドレスが現れることがあります。

●以前のサーバへの最初のインストール時に、vmkernel vmk0 インターフェイスで、いずれかの vmknic インターフェイスに割り当てられた物理サーバの MAC アドレスが使用され、ランダムなアドレス 00:50:56::XX:XX:XX が使用されません。

●インストール環境の USB またはローカル ディスクが別のサーバに移動またはコピー(LUN の場合)された場合にサーバを廃止すると、新しいサーバの vmkernel vmk0 インターフェイスで、以前のサーバの物理 MAC アドレスがそのまま使用されます。

 

 

続いて確認方法です。すべての物理 NIC の物理 MAC アドレスとそのリンク ステータス、既存の vSwitch の構成、現在の vmkernel インターフェイスの構成をチェックして確認します。

 

ESXi では、次のコマンドを使用します。

 

# esxcfg-nics -l
# esxcfg-vswitch -l
# esxcfg-vmknic -l

 

MAC アドレスが重複していることが分かったら、vmkernel インターフェイスをいったん削除してから再作成して、MAC アドレスを変更する必要があります。


ポート グループから vmknic を削除するには、次のコマンドを使用します。

# esxcfg-vmknic -d -p pgName

または

# esxcfg-vmknic -d pgName

ポート グループに vmknic を追加するには、次のコマンドを実行します。

# esxcfg-vmknic -a -i DHCP -p pgName

または

# esxcfg-vmknic -a -i x.x.x.x -n 255.255.255.0 pgName

 

回避策
この問題を回避するには、ESXi ホスト上で、MAC アドレスを手動で構成します。
トラブルシューティング用コンソールで、次のコマンドを実行します。

esxcfg-advcfg -s 1 /Net/FollowHardwareMac

ESXi サーバを再起動します。