ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

ブルーノ ホットサンドメーカー BOE044-RD オシャレで可愛いデザインで人気

パンが好きな方におすすめなのがホットサンドメーカーですが、食パンと具材さえあれば、色んな味を楽しめますので便利です。 

 

ホットサンドについては色んなテレビ番組でとりあげていますが、以前、マツコの知らない世界でホットサンド特集をしているときに、家にある冷蔵庫のあまりものを入れても大抵美味しいという話をしていて確かにと思いました。

 

例えば、肉じゃが、カレーなんかもいいかもしれません。特にカレーは3日食べていると完全に飽きるので、色んな食べ方をしないときついです。

 

初日のカレーはおいしいのですが、だんだんと嫌になりますよね・・・。主婦的には一度作ると何日も食べれるので時短効果もあるのでしょうけれど。そして、ホットサンドは色んな種類をメーカーが出していますが、デザインにこだわる方に人気なのが「ブルーノ ホットサンドメーカー BOE044-RD 」です。

f:id:merrywhite:20201123091005j:plain


 商品の説明です。


タイマーをセットして待つだけ! 耳までカリッとおいしいホットサンドのできあがり。

遊び心のある焼き目のホットサンドが簡単に作れます。

本体は縦置き可能

電源コードが脚に巻き付けられるのでスッキリ収納できます。

 

家電雑誌でも紹介されていますが、某漫画家の方が購入したということを話題にしていました。ホットサンド以外にも手羽先を入れても皮はサクサク、お肉はほろほろととても美味しく焼けるそうです。色んな用途で使えますね。

 

続いて参考になるレビューの抜粋です。

 

ホットサンドメーカーの購入検討でこだわったのは以下の条件です。

1. 電気式
2. プレートが脱着式で楽に洗える。
3. 具材が多く入る。(斜めの切込みがない)
4.パンの耳を切り落とさなくても良い。

シュアーの ホットサンド メーカーSMS-802Sも条件やデザインも良かった。しかし、BRUNOのホットサンドメーカーダブルを購入する決めてになったのは

1. 10分のタイマー付きスイッチ(切り忘れがなく安全)
2. レトロなデザイン

でした。

開封後の感想は、2分間の予熱のあと、バターを塗った8枚切りのパンに具材を入れて5分間焼いてみると、焼き上がりまでのあいだは蒸気が立ち、やがて香ばしい香りが漂う。中の具材はハムカツ、フィッシュフライ、コロッケ、サニーレタス、きゅうりとアスパラのスライスなどの有り合わせ。食べてみると、なかの具材はあっつあつでうまい!

消費電力は900W(シュアーは800w)だが、厚い具材の調理に期待ができそう。タイマー付きスイッチは大きく操作しやすし、プレートを外した本体は突起が少なく掃除もしやすい。ただ、プレートの取付は少し慣れが必要だった。BRUNOはシュアーのプレート種類の豊富さには叶わない。しかし、標準のプレートでホットサンド、焼きおにぎりができるので私の使い方としては十分でした。

 

デザインの可愛いホットサンドメーカーを探していた方は、是非、チェックしてみてください。

ブルーノ BRUNO ホットサンドメーカー 耳まで焼ける 電気 ダブル レッド BOE044-RD

タイマーをセットして待つだけ! 耳までカリッとおいしいホットサンドのできあがり。いつもの朝食が華やかに!遊び心のある焼き目のホットサンドが簡単に作れます。耳を切らずにそのままのせられる大きめのプレートだから、時短。本体は縦置きできて、電源コードが脚に巻き付けられるのでスッキリ収納できます。
【サイズ】W261mm×H96mm×D246mm
【素材】本体:フェノール樹脂/スチール、プレート:アルミニウム合金( 内面フッ素樹脂塗装)
【型番】BOE044-RD