ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

WindowsServer2019 SMBマルチチャネルを無効にするpowershellコマンド

WindowsServer2019 SMBマルチチャネルを無効にするpowershellコマンドについての情報になります。

 

Windows Server 2012以降、SMBマルチチャネルという機能が有効になっています。これにより、複数の2つ以上のNICを持っている場合に、SMBの共有フォルダに対してファイルのコピーを行うと、複数のNICを使用して通信を行います。

 

これにより、パフォーマンスが向上するわけですが、予期しないNICを使用して通信が行われると判断されるケースもあると思います。例えば、指定したNICでのみ通信させたい場合など。

 

そこで、WindowsServer2019 SMBマルチチャネルを無効にするpowershellコマンドを紹介します。

 

参考となる情報はこちら。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/archive/blogs/josebda/the-basics-of-smb-multichannel-a-feature-of-windows-server-2012-and-smb-3-0

 

最初の説明にWindows Server 2012には、SMB 3.0プロトコルの一部であるSMBマルチチャネルと呼ばれる新機能が含まれています。これにより、ファイルサーバーのネットワークパフォーマンスと可用性が向上しますとありますね。

 

これがデフォルトで有効になっています。

 

 

SMBマルチチャネルが使用される要件です。

 

Windows Server2012またはWindows8を実行している少なくとも2台のコンピューター。
以下の構成の少なくとも1つ:

複数のネットワークアダプタ
RSS(Receive Side Scaling)をサポートする1つ以上のネットワークアダプタ
NICチーミングで構成された1つ以上のネットワークアダプタ
RDMA(リモートダイレクトメモリアクセス)をサポートする1つ以上のネットワークアダプタ

 

無効化手順

SMBマルチチャネルはデフォルトで有効になっており、通常は無効にする必要はありません。ただし、SMBマルチチャネルを無効にする場合(たとえば、テスト目的で)、次のPowerShellコマンドレットを使用できます。

 

SMBサーバー側:

Set-SmbServerConfiguration -EnableMultiChannel $ false

 

SMBクライアント側:

Set-SmbClientConfiguration -EnableMultiChannel $ false

 

注:クライアントまたはサーバーのいずれかで機能を無効にすると、システムはそれを使用できなくなります

 

再有効化

以下を使用して、SMBマルチチャネルを無効にした後、再度有効にすることができます。

 

SMBサーバー側:

Set-SmbServerConfiguration -EnableMultiChannel $ true

 

SMBクライアント側:

Set-SmbClientConfiguration -EnableMultiChannel $ true

 

注:機能を再度使用するには、クライアントまたはサーバーの両方でこの機能を有効にする必要があります。

 

SMBマルチチャネルを無効にしたい場合は、参考にしてみてください。

 

【NUARL公式限定】N10 Pro アクティブ ノイズキャンセリング 完全ワイヤレス イヤホン (ブラックメタリック) 専用ポーチ【 NUARL DRIVER [N10]v3 / 高音質HDSS/aptX AAC/外音取込 / IPX4耐水 / 連続7時間再生(最大30時間) / テレワーク WEB会議 ハンズフリー通話/iPhone Android 対応】