ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows10でcatコマンドのようにファイルの中身を確認するコマンドtype

Windows10で作業をしていてコマンドプロンプト上でファイルの中身を確認したい状況があったので、Windows10でLinuxでのcatコマンドのようにファイルの中身を確認するコマンドがあるので紹介します。

 

そのコマンドはtypeになります。WindowsLinuxと違い、GUIで操作することが多いのであんまり需要はないかもしれませんが、知っていると便利な時もあります。

 

使い方はシンプルで、カレントフォルダ内のファイルを指定してコマンドをたたくだけでOKです。

 

>type /?
テキスト ファイルまたはファイルの内容を表示します。

TYPE [ドライブ:][パス]ファイル名

 

以下は実行結果です。

 

C:\>type test.txt
type test

 

作業などでファイルの中身をコマンドで確認したいケースがあった場合は参考にしてみてください。

 

タイガー オーブントースター 温度調節機能 30分タイマー フライあたため トースト3枚 1300W マッドホワイト KAT-A130