ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

SMB クライアントでSMBの大きなMTUサイズを有効 帯域幅調整を無効するコマンド

SMB クライアントでSMBの大きなMTUサイズを有効 帯域幅調整を無効するコマンドについての情報になります。

 

コマンドは以下になります。

 

Set-SmbClientConfiguration -EnableBandwidthThrottling 0 -EnableLargeMtu 1

 

確認するコマンドは以下になります。

 

Get-SmbClientConfiguration

 

自宅のWindows10でデフォルトの設定を確認してみました。

 

 

-------

> Get-SmbClientConfiguration
ConnectionCountPerRssNetworkInterface : 4
DirectoryCacheEntriesMax : 16
DirectoryCacheEntrySizeMax : 65536
DirectoryCacheLifetime : 10
DormantFileLimit : 1023
EnableBandwidthThrottling : True
EnableByteRangeLockingOnReadOnlyFiles : True
EnableInsecureGuestLogons : True
EnableLargeMtu : True
EnableLoadBalanceScaleOut : True
EnableMultiChannel : True
EnableSecuritySignature : True
ExtendedSessionTimeout : 1000
FileInfoCacheEntriesMax : 64
FileInfoCacheLifetime : 10
FileNotFoundCacheEntriesMax : 128
FileNotFoundCacheLifetime : 5
KeepConn : 600
MaxCmds : 50
MaximumConnectionCountPerServer : 32
OplocksDisabled : False
RequireSecuritySignature : False
SessionTimeout : 60
UseOpportunisticLocking : True
WindowSizeThreshold : 8

-------

 

EnableLargeMtuはデフォルトで有効になっていますね。このコマンドを入れることで、EnableBandwidthThrottling(帯域幅調整)は無効になります。

 

MTUのクライアント側のチューニングをする場合に参考になる情報です。

 

【Amazon.co.jp 限定】Dell モニター 23.8インチ SE2416H(3年間交換保証/CIE1976 84%/広視野角/フレームレス/フルHD/IPS非光沢/HDMI,D-Sub15ピン)