ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Google Chromeで「この接続ではプライバシーが保護されません」メッセージの解決方法

Google Chromeで「この接続ではプライバシーが保護されません」メッセージの解決方法について調べてみました。

 

GoogleChromeのサイトにこちらに関する情報がありました。

接続エラーを解決する - Google Chrome ヘルプ

 

メッセージ内容は以下になります。

 

「この接続ではプライバシーが保護されません」、「NET::ERR_CERT_AUTHORITY_INVALID」、「ERR_CERT_COMMON_NAME_INVALID」、「NET::ERR_CERT_WEAK_SIGNATURE_ALGORITHM」、「ERR_CERTIFICATE_TRANSPARENCY_REQUIRED」、「SSL 証明書エラー」

 

 

「HSTS」、「プライバシー証明書」、「無効な名前」のいずれかに関するエラーが表示された場合の手順の抜粋です。

 

ステップ 1: ポータルにログインする
カフェや空港といった場所の Wi-Fi ネットワークを使用するには、ログインが必要です。ログインページを表示するには、http:// を使用しているページにアクセスします。

http:// で始まる任意のウェブサイトにアクセスします(例: http://example.com)。
インターネットを使用するには、表示されたログインページでログインします。

 

ステップ 2: シークレット モードでページを開く(パソコンのみ)
アクセスしたページをシークレット ウィンドウで開きます。

この方法でページが表示された場合は、Chrome拡張機能に問題があります。エラーを解決するには、拡張機能を無効にしてください。手順については Chrome拡張機能を無効にする方法をご覧ください。

 

 

ステップ 3: オペレーティング システムを更新する
WindowsMac など、デバイスのオペレーティング システムが最新の状態であることを確認します。

 

 

ステップ 4: ウィルス対策ソフトウェアを一時的に無効にする
このエラーは、「HTTPS 保護」や「HTTPS スキャン」の機能を備えたウィルス対策ソフトウェアを使用している場合に表示されます。このウィルス対策ソフトウェアにより、Chrome のセキュリティが適用されなくなっています。

問題を解決するには、ウィルス対策ソフトウェアを無効にします。無効にするとページを利用できるようになる場合は、セキュリティで保護されたサイトにアクセスするときにこのソフトウェアを無効にしてください。

必要な操作を終えたら、ウィルス対策ソフトウェアを必ず有効にしてください。

 

ステップ 5: サポートを依頼する
引き続きエラーが表示される場合は、ウェブサイトの所有者にお問い合わせください。また、Chrome ヘルプ フォーラムで質問を投稿していただくこともできます。

 

ウィルス対策ソフトウェアの影響もあるようです。切り分けの一つとして無効にしてみるのも一つですね。

 

【Amazon.co.jp限定】パナソニック エネループ 単3形充電池 4本パック スタンダードモデル BK-3MCC/4SA