ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

エクセルで数字が含まれている場合にカウントする関数

エクセルで数字が含まれている場合にカウントする関数を探していたのですが、ちょっと特殊な文字があって、よく出てくる方法だとうまく動作しなかったのですが、今回の要件で想定通り動作した関数が知恵袋で紹介されていたので、備忘録代わりに掲載します。

 

こちら

エクセルの関数式でセル内に文字や数字が入るとカウント1と計算される数... - Yahoo!知恵袋

 

「エクセルの関数式でセル内に文字や数字が入るとカウント1と計算される数式を教えて下さい!」

「通常は、
=COUNTA(A1:A10)
これは、空白以外のセルの個数をカウントする関数です。
場合によっては、
=COUNTIF(A1:A10,"<>"&"")
と、検索条件を「空白以外」とした式も可能ではあります。」

 

ちなみに、Excel(エクセル)のCOUNTA関数は、セル範囲に含まれる空白ではないセルの個数を返すという動作になります。

 

他にもカウント方法はいくつかあるので、動作検証して色々と試してみることが大事ですね。