ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

加湿のし過ぎで部屋がカビだらけ!ThermoProデジタル湿度計が湿度が計れて便利

先日、知人と話をしていて、部屋の加湿の話になりました。冬場は当然、空気が乾燥するので、加湿をする人が多いのではないでしょうか。


また、空気が乾燥すると風邪を引きやすくなるので、加湿は意外と重要です。そして、加湿の話題になったのは家族が風邪を引いて、移しあっているということで、加湿をしっかりとしたところ、カビが生えるので困るという話です。


私も以前、ワンルームで加湿しまくってとんでもないカビが発生したことがあります。加湿もいいですが、やりすぎるとカビの原因になります。


カビ自体も体に悪いのでかえって健康被害が出ることもあります。そこで、加湿のし過ぎで部屋がカビだらけということにならないように、ThermoProデジタル湿度計があると、湿度調整しやすくておすすめです。

f:id:merrywhite:20201004095853j:plain

 

【バックライトとタッチパネル機能】
温室度計はタッチパネルとバックライト機能があるから、薄暗い所でも設定と読むのは便利になります。

【多機能デジタル温湿度計】
湿度と温度の測定間隔は約10秒で、正確な温湿度値が提供出来ます。同時に湿度のレベルアイコンは現在の空気状態を表示します-- 乾燥/快適/不快

【最高最低温湿度の表示】
現在の室温と湿度が見やすく表示され、同時に最高最低の数値も表示されます。この最高と最低のデータは24時間で自動リセットか、リセットするまでの全ての期間での最高最低を表示するのかをボタンひとつで切り替えられます。

【室温計の測定範囲】
:温度(-50 °C ~ 70 °C)、湿度(10% ~ 99% RH)、表示単位:温度(0.1℃)、湿度(1%RH)。本体サイズ:11cm×8.5cm×2.4cm。

【三つの設置方法】
室内温度湿度計は卓上スタンド・マグネット・壁掛け用フック穴が付いているので、自宅の様々な場所に設置出来ます。単4形乾電池(1.5V)が含まれます。


商品ページにもありますが、こんな使い方があります。

赤ちゃんの健康管理
赤ちゃんは、乾燥や湿気に敏感で、自己管理もしにくいので、快適アイコンになるように室内環境を整えてあげましょう。

熱中症・カビ対策
湿度が高いと熱中症・カビ繁殖の原因の一つになり得ます。湿度注意アイコンの時は、すみやかに除湿するなど対策を行いましょう。

乾燥室、バスルーム
室内干しや湿気がこもりがちな浴室などの温湿度管理に。

ベッドのフレームなど
赤ちゃんやペットのそばに設置して温湿度管理に。

ワインセラー、冷蔵庫
冷蔵庫内に引っ掛けてお酒の温湿度管理に。



温度管理に最適ですね。後は先に書いた湿度測定です。そして以下は参考になるレビューの抜粋です。

希望する部屋の温度と湿度にエアコンを設定するためと、エアコンをつける目安にするために購入しました。

商品が届いて使ってみるとエアコンの設定値と室温が約1度くらい違っていましたので、エアコンの設定を変更して希望する室温にすることができました。LCD表示の数字は遠くからでもクッキリと見やすく、とても良いです。24時間や全期間の最大値、最小値も見ることもでき、温湿度変化もわかります。

価格も安く、熱中症対策の1つとしてオススメします。


価格は1600円くらいなのでそれほど高くなくてお求めやすい価格だと思います。室内の温度、湿度を確認できると、冬場、夏場に便利だと思いますので、是非、チェックしてみてください。