ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

木製室内ドア用指はさみ防止スクリーン 指はさまんぞうが話題!小さい子供がいると便利

今、まだ一歳にならない次女がいるんですが、よく転ぶし、最近はドアを開けれるようになって困っています。


そして、以前も怖かったのが、ドアを閉めようとしたときに、手をいれていて、間に挟まりそうになったことです。ドアの開閉の際に隙間で指を挟んだらとんでもないことになります。


小さい子供がいる場合は、少しの間も気を緩めることができません。そして、木製室内ドア用指はさみ防止スクリーン 指はさまんぞうが話題!小さい子供がいると便利と評判です。


こちら、

f:id:merrywhite:20201002043541j:plain

 

商品の説明
○ドアの蝶番(ちょうつがい)側の隙間をカバーして指はさみ事故を防ぎます。
大人が見落としがちな「指はさみのキケン」からお子さまを守ります。
ママも安心。もう指はさまんぞう!

 

○身近な子どもの怪我原因として第4位に入る「はさまれ事故」。
一見安全そうに見えるお家の中でもよく目にする「手で開け閉めするドア(手動ドア)」による事故が、
全体の約半分を占めるほど圧倒的に多いのです。

 

○「指はさまんぞう」は「可動タイプ」と「固定タイプ」の2つで1セットです。

 

○児童館の乳幼児向け教室入り口やトイレ、介護施設等に採用されています。


これ自宅だけでなく幼稚園、保育園などでも利用できそうですよね。特に小さいお子さんがいる場合には効果を発揮します。


子供はちょっとした不注意で大けがをすることがあるので、是非、チェックしてみてください。

 

意外と多い:お子様の怪我原因、第4位に入る「はさまれ事故」なかでも、身近にある「手で開け閉めするドア(手動ドア)」での事故が、全体の約半分を占めています。平成18年3月子供の事故防止対策検討委員会報告書より(鉄道・自動車・自転車その他を除く指はさみ自己比率:手動ドア48%・家具扉と引出し20%・エレベーター20%・窓6%・自動ドア6%)
特長1:両側から安心:ドアのオモテ(室内側)とウラ(室外側)の両側から丈夫な生地でがっちりガード。どちらの隙間もカバーすることで、「誰かがドアを開け(閉めし)て」指をはさんでしまう心配が軽減され、2倍の安心感があります。
特長2:安心長持ち:商品本体は、耐久性に優れたアルミ製・生地は、丈夫で汚れにくいポリエステル製スクリーンを採用し、お部屋のドアと同じ試験※をクリアした安心建材。お子様がおおきくなるまで、安心してお使いいただけます。※JIS A 4702開閉繰返し試験10万回
特長3:スマートデザイン:ドアの動きに合わせて生地(スクリーン)が引き出されたり、巻き取られたり。扉の動きに合わせて動くので、ドア吊元(蝶番)の隙間をスマートにガードする、新築にもマッチしたデザインに仕上ました。
注意:本製品は、ドアの開閉にあわせ、生地が自動で巻き取られる機能を持った商品です。ドアの大きさ・素材によっては、生地が巻き取られる力により、ドアが動く場合があります。お願い:●お子様が本製品で遊ばないように、ご注意ください。●犬や猫等のペットが、爪でスクリーンを引っ掛けないようにご注意ください。
保障期間:商品取付け後2年(保障期間内であっても有償修理となる場合:使用上の操作の誤り・取付け不良いよる故障損傷。不当な修理・改造による故障・損傷。特殊環境および使用状況が悪い場合での故障・損傷。火災・地震・風水害・雷などの天変地異による故障・損傷。本製品以外の起因による故障・損傷。)
採用例:保育園のトイレ・児童館の乳幼児向け教室入り口・ベビーフェンス等