ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

ダイヤコーポレーション ツナトモでツナ缶のオイルカットに身がこぼれず便利

以前、女優の志田未来がツナ缶が好きすぎると言って話題になりましたが、あれだけツナ缶を愛している人ってあんまりいなんじゃないかな~。


ただ、ツナ缶って価格も安いし色んな料理に使えるからべんりですよね。私もたまにごはんにかけたり、おつまみとして食べることがあります。


そして、ツナ缶と言えば、オイルをだすのがちょっと面倒ですよね。箸でやろうとすると、ちょっと身が崩れたり。


そこで、ダイヤコーポレーション ツナトモでツナ缶のオイルカットに身がこぼれず便利なので紹介します。

f:id:merrywhite:20200926101847j:plain

 

商品の説明
メッシュ部分で、ツナの身とオイルやスープをしっかり分けます。独自のスプーン先端形状で缶底の身もきれいに掻き出します。
白身を切りながらの卵の攪拌や、ドレッシングの攪拌にも大活躍。
コーンや豆、フルーツ缶、瓶詰めなど、漬け汁の中から具だけを取り出すときにも活躍します。
 

この商品はツナ缶だけでなく、コーンや豆、フルーツ缶、瓶詰めなど、漬け汁の中から具だけを取り出すときにも使えるそうなので、意外と多機能ですね。


そして、以下は参考になるレビューの抜粋です。

プルタブ起こしや、オイルカット、すくい出し等は謳い文句通りで便利です。
オイルカットは当然ながらこの商品のみでは完全にはできませんがそれでも箸や蓋を使うよりも多くカットできました。また箸で支えているのと異なり大きく傾けてもツナがボロボロとこぼれ落ちる事もなかったです。

単価的には発売直後と言う事(R&Dや金型償却費等々のコスト)を考慮してもやはり高額である事は否めません。
「この商品に興味はあるけど…」位の方は100円ショップにコピーキャットが並ぶのを待った方が善いでしょう。

今、ちょっと話題になっている商品なので気になる方はチェックしてみてください。