ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

急な切り傷、擦り傷にケアリーブが便利!使って初めて分かる治癒力

先日、子供が自転車に乗りたい~というので、最近はおでかけはなるべく自転車を使わせるようにしています。そして、まだ慣れていないので、コロはついていますが、バランスを崩して転げることがあります。


そして、何回か転げていたんですが、過って籠の部分を持ってしまって、親指の部分を切ってしましました。血がダラダラ出るレベルではないんですが、以前、嫁が料理中に指を切って血が止まらないということで購入したケアリーブが家にあることを思い出し、自分自身で利用してみました。


私はよく酔ってこけるので、擦り傷が絶えませんが(笑)、今回もちょっとした不注意で怪我です。そこで、今回のような怪我や、包丁で指を切って血が止まらない場合にあると便利なのが「ケアリーヴ」で、こういった商品は色々とありますが、剥がれにくく水に強いと評判なんです。

f:id:merrywhite:20200926060847j:plain


以前、この商品を購入した経緯ですが、嫁が娘と料理を一緒にしていて、話をしながら包丁を使って、うっかり指を切ってしまったそうです。そして、かなりの出血量で、子供の為に購入したアンパンマンのちょっと高めのばんそうこうが意外と効果があったようなんですが、枚数がないということで購入しました。

f:id:merrywhite:20200926061200j:plain


以下はこの商品の説明です。

【商品説明】

使いやすさと満足を追求して生まれた治癒促進絆創膏
1918年、ニチバンは日本で初めて絆創膏を作って以来、キズや肌を考え続けてきた。そして今も、繊細な日本人の肌を常に見つめながら、通気性やフィット感などに配慮した絆創膏を開発している。その中から生まれたのが「ケアリーヴ治す力」で、この救急バンはかさぶたをつくってキズを治す従来の治し方ではなく、モイストヒーリング(湿潤療法)でキズをより早く治す効果のある「治癒促進絆創膏」なのだ。

 

モイストヒーリングでキズを早くキレイに治す
キズは、キズ口から出る透明な液体(浸出液)の働きによって治っていく。「ケアリーヴ治す力」はハイドロコロイドという特殊素材を使った「モイストパッド」でキズ口をピタッと密閉し、キズ口から出る体液をパッドが吸収・保持する。だからキズを治すのに適した潤った環境をつくるので、皮ふが早くきれいに再生するのを促していく。

 

かさぶたをつくらず、痛みをやわらげる
モイストパッドがかさぶたがわりになり、キズ口を乾燥させないので、皮ふの再生をスムーズにする。その働きでキズあとが残りにくく、また治療中もゴミなどの侵入を防ぎ、痛みをやわらげる。

 

キズ口からでる「体液」にはキズを治す力がある
ケガをするとキズ口から体液が出てくるが、この体液にはキズを治す因子が含まれている。この体液の働きを最大限に生かして、傷を早く治すことを「モイストヒーリング」という。
1.キズ口の乾燥を防ぐので、体液が十分保たれた環境=湿潤環境が維持される。
2.キズを修復する因子が活発に働いて表皮が再生し、キズが早く治る。



傷口って乾燥させないほうが皮膚の再生がスムーズとのこと。知らなかったです。サイズもS、M、L、LLといろいろとあって便利です。

f:id:merrywhite:20200926061232j:plain


また、指の切り傷だけでなく、靴擦れなどにもいいそうなので、新しい靴をかってかかとの部分がすれて痛い方は、利用できますね。


そして、こちらを着用して2日目に無理やり剥がして傷口を見てみたのですが、、、なんとふさがっていました!完全にふさがっているというよりは、新しい細胞で傷口が皮膚に変わっていくような感じで、後、数日で治るんじゃないかというくらいの状態でした。


写真を撮ればよかったですが、えぐいので・・・。


普段、こういった商品を使う事がなくても、いざ、怪我をした場合に便利です。特に小さいお子さんは不意に怪我をすることがありますので、自宅や鞄の中に入れておくといざという時にたすかりますね。


長女が先日も怪我したばかりなので、外出時はこれを持っていくことにしようと思います。いざという時に助かる便利アイテムの一つですね。