ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

SONY DPT-CP1 デジタルペーパー 薄さ、軽さを兼ね備えた電子ノートで紙ノートいらず

時代の流れは本当に早くて日々、生活が便利になるアイテムが生み出されています。例えば、学校でも重い教科書ではなく、さっさと電子化すればいいのではと思ってしまうんですけどね。タブレット端末が高いとか、そんな話がでてくるのかもしれませんが。


ただ、学生向けに安く大量生産できるようになると、もっと効率のいい時代になりそうですよね。私も仕事でパソコンを使う事が多いですが、普段、書籍だったり、紙を触ることがなくなりました。ドンドン、電子化が進んでいます。


そして、最近知った便利なITツールがあります。それがSONY DPT-CP1 デジタルペーパー」です。これは愛読している家電雑誌で紹介されていたんですが、薄くて軽くて持ち運びが便利な紙を増やしたくない人におすすめのアイテムです。

f:id:merrywhite:20200913092725j:plain


【商品の説明】
紙のように読める、書き込める ソニーのデジタルペーパー。コンパクトなA5サイズ
A5サイズのモバイル端末として圧倒的な軽さ、薄さを実現
読みやすい高解像電子ペーパーディスプレイ
移動先でも仕事ができるスマートフォン連携
DPT-RP1のすぐれた機能を継承


閲覧や書き込みはPDFファイルと限定されているそうですが、11GBと大容量で、専用アプリをインストールするとスマホとデータをやりとりできるようです。また、外部から届いたPDFファイルは、クラウド上に保管ができます。


そして、以下は参考になるレビューの抜粋です。

問題は価格だけか..
A4版に続きA5版も出てきた。機能は全く同じでサイズのみがちがう。文書閲覧用途のA4版と比べると、A5サイズはより「書き込む」ノート目的に適している。鞄からちょっと取り出してメモをつけるときも取り回しがA4サイズよりも楽。とにかく軽いので両方持ち歩くのも苦にならない。問題は価格だけか。。学生向けの特別セールなどはないのでしょうか。


そうなんです。めちゃいい製品なんですが、とにかく価格が高いんです。せめてこの半額くらいだと買いやすくなるんですけどね。

 

実際にノートって結構使っていくと捨てにくくて家に貯まることがあるのですが、こういった電子アイテムになるとそういった悩みもなくなりますし、将来的にデータとしてうまく加工などもできるようになるといいかもしれないですね。

 

新し物好きの方には興味を持たれそうなアイテムだと思います。