ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

夏の寝苦しい夜に!頭が冷やせるダンロップ 雪枕が評判 長時間10時間冷たさが持続

暑い日が続きますね~。私はクーラーがない部屋で活動をしているので、とにかく辛いです。むしろ日中は職場がクーラーがあるので、職場が快適だったりしますが。


そして、部屋があまりに暑いので困っているんですが、どうしてもひんやりしたい場合に便利なのがアイス枕です。昔は熱を下げる為に使っていましたが、今は涼しくなるために使っています。

 

子供が小さいので突然、熱がでることがありますが、頭を冷やすのにも助かっています。一家に一つは必ずあったほうがいいと思います。


これ寝苦しい夜にほんとうに便利です。そして、私と同様にクーラーを使わずに、夏の寝苦しい夜に便利なのが、頭が冷やせるダンロップ 雪枕 長時間10時間が評判です。

f:id:merrywhite:20200913083737j:plain

 

商品紹介
●柔らかいソフトマット層と2層目は2分割された凍結層で、より頭部にフィットします。
●冷気を逃さない断熱シートの3層構造。
●冷たさは8~10時間持続します。(使用環境や外気温などにより持続時間は異なります。)
●くり返し使用できます。
●寝苦しい夏の安眠や、発熱、熱中症防止に最適です。
●冷凍庫用。

 

【使用方法】
●冷凍庫内に水平の状態で8時間以上冷やしてからお使いください。
●タオル等を巻いて適度な冷たさにしてお使いください。
※冷凍庫の温度によっては8時間で凍結層が固まらない場合があります。

f:id:merrywhite:20200913083751j:plain

 

冷たさ、クールに10時間
やわらかいソフトマット層と凍結層、冷気を逃がさない断熱シートの3層構造で、冷凍庫で冷やすことで冷たさが約10時間持続し、安眠対策・発熱時・熱中症対策・頭痛時に最適です。

 

2分割で頭にフィットする幅広タイプ
寝心地を配慮し、凍結層を2分割し中央部分が沈み込む形状にしたことにより、寝返りがしやすく、ソフトに首に沿います。

 

雪枕 長時間の保冷時間※1
●朝までぐっすりと、冷たさは8~10時間持続します。

 

(使用環境や外気温などにより持続時間は異なります。)

 

●寝苦しい夏の安眠に最適です。

 

●くり返し使用できます。



そして、以下は参考になるレビューの抜粋です。

定番の「アイスノンソフト10時間(以下アイスノン)」、「ひえぷるやわらかまくら(以下ひえぷる)」との比較。

大きさは「アイスノン」や「ひえぷる」よりも幅広く、奥行きは浅く、少し厚いです。「雪枕」は固いとのレビューも見られますが、冷凍庫に無造作に入れて曲がったまま固めてしまったりするとゴツゴツ感が強く出るかもしれませんね。表面には柔らか加工がされています。うちでは冷え過ぎを防ぐ為にいずれの製品もタオルに巻いて使ってます。私は「アイスノン」「雪枕」「ひえぷる」の順で柔らかく感じました。

次に冷感の持ちですが、冷房無し窓開けっぱなしの寝室で「アイスノン」8時間、「雪枕」8.5時間、「ひえぷる」6時間の順でした。これは厚みが最もある「雪枕」が有利なんでしょう。逆に柔らかさを優先させた「ひえぷる」は一晩もちませんでした。やはり予想通り後発の「雪枕」が有利に働きました。

なんと8.5時間も持ったということでかなり長く使えますね。一晩使えるこの商品はかなりおすすめです。