ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

WindowsUpdateでSpecify deadline before auto-restart for update installation 再起動の通知期間を変更

WindowsUpdate更新プログラムのダウンロードが終わり、インストールが完了した後に、再起動を施す通知が表示されます。業務中にポップアップが表示されて気づく人も多いと思います。

 

人によっては再起動がめんどうなので、放置して勝手に再起動されることもありますが、放置しておくと脆弱性をつかれた攻撃を受けることがあるので注意が必要です。

 

そして、企業によってはこの通知の期間を変更したい場合があるかもしれません。

 

「Specify deadline before auto-restart for update installation」で再起動の通知期間を変更することができます。

 

以下は公式サイトの情報の抜粋です。

 

再起動遅延の制限
更新プログラムのインストール後、Windows 10 はアクティブ時間を除く時間に自動再起動を試みます。 7 日後 (既定) に再起動が成功していない場合は、再起動が必要なことを示す通知が表示されます。 [Specify deadline before auto-restart for update installation] ポリシーを使って、遅延を 7 日から 2 ~ 14 日の値に変更できます。

 

既定では、7 日後に再起動が成功していない場合は、再起動が必要なことを示す通知が表示されますがこの日付を短くか、長くすることができます。

 

「参考情報」

更新後のデバイスの再起動の管理 (Windows 10) - Windows Deployment | Microsoft Docs

 

 

 

BaySedy 折りたたみ傘 ワンタッチ自動開閉 おりたたみ傘メンズ 10本骨 頑丈な 大きい 折り畳み傘 (ブラック) 210T超撥水 晴雨兼用 梅雨対策 FU232BK