ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows10 Link Layer Topology Discovery protocolの設定、機能の意味と無効にする影響

Windows10 Link Layer Topology Discovery protocolの設定の意味について調べてみました。これってデフォルトで有効になっていますが、どういった設定、機能なのでしょうか。

 

参考情報はマイクロソフトの公式情報です。

https://docs.microsoft.com/en-us/previous-versions/windows/desktop/qos/link-layer-topology-discovery-protocol

 

まず機能ですが、LLTDプロトコルを使用すると、アプリケーションはデータリンク層でデバイスをすばやく検出でき、ネットワークに接続されているすべてのものを中央でグラフィカルに表示できます。

 

LLTDを実装するすべてのデバイスは、デバイスを表す豊富なアイコンとともにネットワークマップに表示され、ユーザーはデバイスのWebユーザーインターフェイス(UI)にワンクリックでアクセスできるようになります。

 

LLTDは、帯域幅が限られているネットワーク上でも、高品質のメディアストリーミングエクスペリエンスを実現するという追加の利点を提供します。

 

 

続いて詳細の説明の抜粋です。

 

ネットワークの探索:リンク層トポロジーの発見
LLTDは、主要なWindows Rallyテクノロジです。Windows Vistaのすべてのバージョンで、LLTDはデフォルトで有効になっています。デバイスはLLTDを実装することもできます。そうすることで、ネットワーク上のIP構成の問題に関係なく、Windows Vistaで利用可能なさまざまなネットワークマップビューに表示される、デバイスに関する豊富な構成情報を報告できます。LLTDが呼び出されると、MACアドレスIPv4 / IPv6アドレス、信号強度などの静的または状態情報を含むデバイスに関するメタデータと、工業デザインまたはフォームファクターを表すスケーラブルなアイコンが提供されますデバイスの。さらに、Windows VistaネットワークマップはLLTDを使用して接続情報とメディアタイプ(有線または無線)を決定するため、トポロジがトポロジ的に正確になります。ネットワークトポロジを知る能力は、ネットワークの問題を診断して解決するために重要であり、ワイヤレス接続を介してコンテンツをストリーミングするために特に重要です。一元化されたネットワークマップを提供することで、エンドユーザーまたはサポートアシスタントのいずれかに、全体的なネットワーク状態とデバイスの状態を表示するユーザーフレンドリーなビューを簡単に利用できます。LLTDは、次のようなデバイスベンダーにとって意味があります。

セットアップの問題によるサポートコストと製品の返品を削減したい。
製品の工業デザインまたはフォームファクターをWindows Vistaのユーザーに表示したい。
LLTDにより、デバイスの設定および管理Web UIにワンクリックで簡単にアクセスできます。Windows Vistaネットワークマップは、デバイスのUIを右クリックオプションとして公開しているため、顧客がカスタムセットアップユーティリティをインストールしたかどうかに関係なく、デバイスに簡単にアクセスできます。

 

おそらくWindows端末同士でネットワークマップで検索することってあんまりないと思いますし、機能として不要なら無効にしても影響はないと思います。

 

ちなみに、サービスはデフォルトで手動、起動していませんでした。

 

サービス名:lltdsvc

名前:Link-Layer Topology Discovery Mapper

説明:PC とデバイスの図 (接続) 情報、および各 PC とデバイスを記述するメタデータから成るネットワーク マップを作成します。サービスを無効にすると、ネットワーク マップは正しく作動しません。

 

ネットワークのプロパティではチェックが入っていますが、サービスが起動していないので、動作していないのかもしれないですね。

 

[Amazon限定ブランド] キリン LAKURASHI アルカリイオンの水 PET (2L×9本)