ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows10 ローカルコンピュータの証明書ストアを開くコマンド certlm.msc

Windows10でローカルコンピュータの証明書ストアを開くコマンドについての情報になります。以前、無線LANの認証でクライアント証明書の配布を行った際に、確認でローカルコンピュータの証明書ストアを開くことがよくありましたが、GUIから開く場合はコマンドプロンプトからmmcで開くことができます。

 

ただ、手順が多いのですぐに起動したい場合は、コマンドが便利です。ちょっと覚えづらいですが、コマンドは「certlm.msc」になります。

 

コマンドプロんプを起動して、以下を実行します。PowerShellからも実行可能です。

 

> certlm.msc

 

おそらくユーザーは意識することは全くないと思いますが、VPNだったり、色んな用とでコンピューター証明書を利用する場合は、ここに証明書が格納されることになります。

 

システム管理者はよく起動することがあるのではないでしょうか。また、ユーザーの場合は「certmgr.msc」になります。ユーザーの場合は、ログインしているユーザーで実行することで、ログイン中のユーザーの証明書ストアを確認することができます。

 

最近はセキュリティの意識が高まっていてSSL通信が多くなっていますが、証明書は有効期限切れなどの原因で問題が起こることが多いので運用には注意が必要です。 

 

[クリスチャンジョルジュ] CHRISTIAN GEORGES 国産 日本製 豊岡製 撥水 ビジネスバック CG2181 ブラック(ナイロン)