ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows Server 2016でオフロード機能のIPsecタスクオフロードTCPchimneyオフロードは非推奨

Windows Server 2016でオフロード機能のIPsecタスクオフロードTCPchimneyオフロードは非推奨とのことです。

 

ちなみに、TCP Chimney オフロードは、ネットワークデータ転送中に CPU からネットワークアダプターにワークロードを転送するために役立つネットワークテクノロジで、TCP Chimney オフロードによって、Windows ネットワークサブシステムは、tcp/ip 接続の処理を、TCP/ip オフロード処理の特別サポートが含まれているネットワークアダプターへの負荷を軽減します。

 

続いて、以下の公式情報に記載があります。

ネットワーク アダプターのパフォーマンス チューニング | Microsoft Docs 

 

オフロード機能のIPsec タスクオフロードまたはTCP chimney オフロードを使用しないでください。 これらのテクノロジは Windows Server 2016 で非推奨とされており、サーバーとネットワークのパフォーマンスに悪影響を及ぼす可能性があります。 さらに、これらのテクノロジはマイクロソフトによって今後サポートされない可能性があります。

 

自宅のWindows10で確認コマンドをたたいてみたのですが、表示されていない?

 

>netsh interface tcp show global
アクティブ状態を照会しています...

TCP グローバル パラメーター
----------------------------------------------
Receive-Side Scaling 状態 : enabled
受信ウィンドウ自動チューニング レベル : normal
アドオン輻輳制御プロバイダー : default
ECN 機能 : disabled
RFC 1323 タイムスタンプ : disabled
初期 RTO : 1000
Receive Segment Coalescing 状態 : enabled
非 Sack の Rtt 回復性 : disabled
最大 SYN 再送信数 : 4
Fast Open : enabled
Fast Open フォールバック : enabled
HyStart : enabled
ペーシング プロファイル : off

 

レジストリでも設定は確認できるようです。

 

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters

名前 : EnableTCPChimney
・・・TCP Chimney Offload の設定が確認可能です。
0:無効
1:有効

 

[Amazon限定ブランド] キリン LAKURASHI アルカリイオンの水 PET (2L×9本)