ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

ESXi7 準仮想化SCSIアダプタ(PVSCSI)を追加する手順

ESXi7 準仮想化SCSIアダプタ(PVSCSI)を追加する手順についての情報になります。VMwareの環境に限らずですが、仮想化専用のアダプタを使用することでパフォーマンスが向上します。

 

例えば、仮想NICWindowsの場合は、VMXNET3が推奨です。E1000だと速度もそもそも出ないですし、動作もおかしいことがあります。

 

そして、ESXi7 準仮想化SCSIアダプタ(PVSCSI)を追加する手順は公式サイトからの情報です。

準仮想化 SCSI アダプタの追加

 

仮想マシンに高パフォーマンスの VMware 準仮想化 SCSI ストレージ コントローラを追加し、スループットの向上と CPU 使用率の低減を実現でき、VMware 準仮想化 SCSI コントローラは、大量の I/O が発生するアプリケーションを実行する環境 (特に SAN 環境) に最適とあります。

 

前提条件です。


仮想マシンに、VMware Tools がインストールされたゲスト OS があることを確認します。
仮想マシンが ESXi 4.x 以降との互換性があることを確認します。
VMware 準仮想化 SCSI コントローラのタイプを必ず確認しておいてください。
VMware 準仮想化 SCSI コントローラに接続された起動ディスク デバイスにアクセスする場合は、仮想マシンWindows 2003 または Windows 2008 ゲスト OS が実行されていることを確認してください。
●一部のオペレーティング システムでは、コントローラ タイプを変更する前に、LSI Logic コントローラを使用した仮想マシンを作成し、VMware Tools をインストールしてから準仮想化モードに変更してください。

 

Windowsの場合、OSインストール時にドライバを読み込ませることで設定可能です。インストール時はVMware Toolsが入っていないですからね。

 

手順になります。


①インベントリで仮想マシンを右クリックし、[設定の編集] を選択します。
②[仮想ハードウェア] タブで、[新規デバイスを追加] ボタンをクリックします。
③ドロップダウン メニューから [SCSI コントローラ] を選択します。
④[新規 SCSI コントローラ] を展開し、[タイプの変更] メニューから [VMware 準仮想化] を選択します。
⑤コントローラが、仮想ハードウェア デバイス リストの下部に表示されます。
[OK] をクリックします。

 

基本は仮想マシン作成時に選択すると思います。OSインストール後は変更すると起動できなくなるなどの問題が発生する可能性がありますので、ご注意ください。

 

BUFFALO USB接続 有線 ウォッシャブル キーボード 丸洗い対応モデル ブラック BSKBU12BK 【Windows/PS4/PS3対応】