ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

UmRdpService サービスからのトランザクション応答を待機中にタイムアウト

RDP接続でサインアウトできないという事象があり、以下のような出力があるようです。

 

イベントID7011 Service Control Manager

UmRdpService サービスからのトランザクション応答を待機中にタイムアウト (30000 ミリ秒) になりました。

 

このメッセージ自体はかなり前から情報があります。以下はフォーラムの情報です。

リモートデスクトップ接続(UmRdpService等)のタイムアウトについて 

 

 

Windows Server 2008 R2を実装しているサーバにて下記エラーメッセージを記録しております。

メッセージ①
・ソース:Service Control Manager
・イベントID:7011
・説明:UmRdpService サービスからのトランザクション応答を待機中にタイムアウト (30000 ミリ秒) になりました。

メッセージ②
・ソース:Service Control Manager
・イベントID:7011
・説明:UxSms サービスからのトランザクション応答を待機中にタイムアウト (30000 ミリ秒) になりました。

メッセージ③
・ソース:Service Control Manager
・イベントID:7011
・説明:Netman サービスからのトランザクション応答を待機中にタイムアウト (30000 ミリ秒) になりました。

 

「Smart Card Device Enumeration Service」のサービスを停止し、スタートアップの種類を"無効"にした事で問題が解消されたという情報もありましたが、個人的に経験したことがなく、これが効果的なのはか確認できていません。

 

その他、動作が重い場合に出力されることがあるというものもありました。その為、リソースをチェックしてみるのも一つかもしれません。

 

同様の事象が発生している方は参考にしてみてください。

 

退屈なことはPythonにやらせよう ?ノンプログラマーにもできる自動化処理プログラミング