ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

VMware Windows Server 2016をP2Vの物理から移行後、Teamingの設定が残ってNICが有効にならない

VMwareの仮想環境にて、Windows Server 2016をP2Vの物理から移行後、Teamingの設定が残ってNICが有効にならないという事象を経験しました。物理サーバにインストールしたWindows Server 2016は仮想環境へ移行することが可能です。いわゆる、P2Vになります。

 

P2Vする場合に気になるのが物理のドライバ情報などが残ることです。仮想に移行後はゴミが残りますが、Sysprepを実行することで設定情報が初期化されるのである程度はきれいになります。

 

ただし、Sysprepはすべての設定を完全に初期化するわけではなく、レジストリの変更などは移行元の設定が残ります。

 

Sysprepの既知の問題に関する情報はこちらを参照してください。

プログラムの展開に影響する、Sysprep 使用時の既知の問題 

 

仮想環境ではテンプレートの仮想マシンから展開して仮想マシンを作成することが多いので、その場合は、sysprepを実行するのが一般的です。

 

そして、物理から移行後、Teamingの設定がされている場合は、その設定が残ってNICが有効にならないことがあります。

 

この場合、チーミングの設定を削除してあげる必要があります。おそらく仮想マシンをそのまま起動した場合、NICが赤い×のアイコンが表示されているはずです。

 

物理から仮想に移行する場合は、V2Vよりも色んな問題が発生する可能性が高いので、移行後にライセンス認証なども含めてどういった影響がありそうかチェックしておく必要がありますね。

 

Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー)【PSE認証済/PowerIQ搭載】 iPhone&Android対応 2020年4月時点 (ブラック)