ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

indeedは再就職手当がもらえない?国が認定した職業紹介所がおすすめ

f:id:merrywhite:20200808071127j:plain

4月から新しい環境で仕事という人が多いと思いますが、会社の待遇がよくないなどで、転職を考えている人がいると思います。私もこれまで何度も転職をしましたが、転職によって待遇を改善させて今はわりと満足しています。


そして、転職活動として使われている可能性があるのが、「仕事、バイト探しはindeed」です。


実は、数年前からこのサイトが検索トップにヒットするようになり、福岡で転職活動をしている間にも給料が割に合わな過ぎて、やってられないという状態だったので、ちょいちょいチェックしていました。


仕事は給料ではなく、能力に応じて仕事量が変わってきますから、世の中、本当に不平等だと思うことがあるかもしれません。後、年功序列だったり。


あまりに待遇が悪い場合は、転職活動をすることで、私と同様に改善することがあると思います。ただし、転職活動ってあまりすることはないので、実は注意点があります。


それは、転職者の8割が利用していると言われている「リクナビ」だったり、今、人気急上昇のindeedだったり、こういった転職サイトを利用する場合の注意点です。


まず、正社員で働いていた方は、失業保険を支払っていたと思います。会社を辞めた場合、自己都合であっても、7日間の待機後、一ヵ月経過すれば、自分で仕事を見つけても再就職手当はもらえます。


実はこの再就職手当の存在を知らない人が結構いますが、私は前回の転職時に仕事が待つかる前の間、このお金がもらえたことによって、補てんができました。



また、一ヵ月以内の場合でも、ハローワークか、国が認定した職業紹介所による就職であれば、再就職手当がもらえます。



再就職手当は、ハローワークに通い、再就職が決まると、手当がもらえるものです。その為、会社を辞めてすぐに仕事を始めるのでない限りは、ハローワークに行った方がいいです。これまでは東京で仕事をすることが多く、その場合は、貯蓄があんまりなくて、すぐに仕事を見つけていたのですが、失業保険のメリットはこういったところにあったんですね。


そして、注意とは、リクナビindeedはこの職業紹介所に該当しません。


つまり、ハローワークに行って、リクナビindeed経由で一ヵ月以内に就職してしまうと、再就職手当がもらえない事になってしまいます。さらに、再就職手当だけでなく、転職後に給料が下がった人は別の手当をもらうことができます。日本はこういった制度が実は充実しているんだと初めて知りました。



意外とこの事実を知らずに、リクナビindeed経由で転職活動をしちゃった人いるんじゃないでしょうか。実際に私の同僚もこの情報を知りませんでした。


元々、再就職手当の事すら知らない人も結構いますので、せっかく転職するならこういった制度を利用するのは一つです。


そして、オススメなのが、私が利用したマイナビエージェントを併用する事です。この場合、短期間で仕事を見つけた場合でも再就職手当がもらえます。

上記の理由より、転職活動を検討しているならマイナビエージェントがおすすめです。リクナビindeedなどの転職サイト経由だと再就職手当がもらえません。こういったエージェントサービスを経由するともらえますので、転職まで少し時間がかかりそうという方はご注意ください。

 

マイナビエージェントへのアクセスはこちらから↓