ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

vSphere7 vCenter HA構成有効時のESXiホストの推奨台数

vSphere7 vCenter HA構成有効時のESXiホストの推奨台数に関する情報になります。vCenter HAはわりと新しい技術で少し前のバージョンから導入された機能です。VMwareで仮想環境を構築する場合の可用性としてvSphere HAを構成することがあると思いますが、今回はvCenter自体のHAの構成になります。

 

参考になるのがこちらの公式サイトのマニュアルです。

https://docs.vmware.com/jp/VMware-vSphere/7.0/vsphere-esxi-vcenter-server-70-availability-guide.pdf 

 

vCenter アーキテクチャの概要に説明が書かれています。vCenter HAを構成するには、3つのノードが必要になります。

 

vCenter HA クラスタは、3 つの vCenter Server インスタンスから成ります。1 つ目のインスタンスは、最初はアクティブ ノードとして使用され、パッシブ ノードと監視ノード用にそのクローンが 2 回作成されます。アクティブパッシブのフェイルオーバー ソリューションは、この 3 つのノードが一体となって実現されます。

 

ハードウェア障害からの保護は、それぞれ異なる ESXi インスタンスに各ノードをデプロイすることで得られます。


3 つの ESXi ホストを DRS クラスタに追加すれば、より強力に環境を保護することができます。vCenter HA の構成が完了した時点では、アクティブ ノードだけが、アクティブな管理インターフェイス(パブリック IP)を持ちます。3 つのノードは、vCenter HA ネットワークという、構成の過程でセットアップされたプライベート ネットワークを介して通信を行います。アクティブ ノードは、継続的にデータをパッシブ ノードに複製しています。

 

 

そして、vCenter HA構成有効時のESXiホストの推奨台数は以下の説明に書かれています。

 

◆ESXi 

・ESXi 6.0 以降が必要です。
・3 台以上の ESXi ホストを推奨します。そうすれば各 vCenter HA ノードを異なるホストで実行して、より確実に保護することができます。
・一連のホストは VMware DRS を使用して保護することをお勧めします。その場合は、3 台以上の ESXi ホストが必須となります。

 

この機能を使用する場合は、ESXiホストは3台以上が推奨になります。これはノードが3つあるということから理解できるのではないでしょうか。

 

ちなみに、vSphere HAの最低台数は2台になりますので参考までに。