ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows起動時に"BITS" (DLL "C:\Windows\System32\bitsperf.dll") の Open プロシージャに失敗しました。

Windows起動時に"BITS" (DLL "C:\Windows\System32\bitsperf.dll") の Open プロシージャに失敗しました。という内容のエラーが出る件に関する情報を調べてみました。

 

Windows Server 2016でこの表示がでるという内容がフォーラムの情報であったのですが、一例としてNEC製の製品が影響を与えることがあるようです。

 

BITS" (DLL "C:\Windows\System32\bitsperf.dll") の Open プロシージャに失敗しました。という内容以外に以下の情報が書かれています。

 

システムログを見ますと、1~2日に一度の頻度で以下の警告が記録されていました。

イベント219 Kernel-PnP

バイス ROOT\SYSTEM\0001 のドライバー \Driver\WUDFRd を読み込めませんでした。


また、すぐ下の情報に、

イベント10114 DriverFrameworks-UserMode

WUDFPf サービスが見つからなかったため、UMDF リフレクターは起動を完了できませんでした。このサービスは後で Windows を起動するときに、このデバイスを起動しようとした時点で開始される可能性があります。

 

続いて以下が原因と書かれています。

 

調べたところスタートアップにあるNECの<SmartUpdate>と<おすすめ設定>を無効にしましたら、とりあえずエラーは吐かなくなりました。正直どんな関係があるのか不明なので、またNECに問い合わせてみるつもりです。

 

スタートアップにあるNECの<SmartUpdate>と<おすすめ設定>を無効にすることで解決したとあります。

 

起動のたびに「"BITS" (DLL - マイクロソフト コミュニティ

 

もしかすると、この事象自体は他の要因でも発生する可能性がありますが、NEC製のソフトウェアを入れている場合は参考になるかもしれません。