ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows2019 ネットワークドライブの割り当てが再起動後に接続に失敗 資格情報の保持 savecredオプション

Windows Server 2019の環境でファイルサーバーを構築して、別のWindows Server 2019からネットワークドライブの割り当てを行って再起動したところ、サーバーログイン後に接続に失敗するという事象がありました。

 

ドメイン環境で動作確認した場合は問題がなかったのですが、ワークグループ環境でネットワークドライブの割り当てを行ったサーバを再起動したところ、再接続に失敗しました。

 

使用したコマンドは以下です。

 

net use e: \\xxx.xxx.xxx.xxx\\share /user:Administrator passwd /savecred /persistent:yes

 

persistentは、調べたところyesに設定していると、次回ログオン時に再接続しに行き、noだと再接続しないそうで、Windows的には “persistent:yes” がデフォルトという情報がありました。つまり、GUIで設定すると次回以降、ログイン時に再接続する仕様なのかもしれません。

 

 

以下はコマンドのオプションです。

-----

net use /?
このコマンドの構文は次のとおりです:

NET USE
[devicename | *] [\\computername\sharename[\volume] [password | *]]
[/USER:[domainname\]username]
[/USER:[dotted domain name\]username]
[/USER:[username@dotted domain name]
[/SMARTCARD]
[/SAVECRED]
[/REQUIREINTEGRITY]
[/REQUIREPRIVACY]
[/WRITETHROUGH]
[[/DELETE] | [/PERSISTENT:{YES | NO}]]

NET USE {devicename | *} [password | *] /HOME

NET USE [/PERSISTENT:{YES | NO}]

-----

 

そして、ドメイン環境では問題なかったのですが、ワークグループ環境のサーバ間では、このオプションが有効ではありませんでした。

 

そこでさらに調べると有用な情報がありました。以下の設定を入れることで、ワークグループ環境においても、再起動後、ネットワークドライブの割り当てが失敗することはありませんでした。

 

cmdkey /add:%server1% /user:%username% /pass:%password%
net use O: %directory% /savecred

 

「情報元」

https://localbias.work/300

 

やはり動作確認は重要ということと、なるべく環境を合わせるのは大切ですね。特に資格情報は環境によって変わるので検証環境によって動作が異なることもあるかもしれません。

 

「/PERSISTENT:YES」が資格情報を保持してくれる設定かと思いましたが、ユーザーID,パスワードを指定するとエラーがでて入力できません。

 

環境に応じてオプションを使い分ける必要があることがわかりました。こちらはOSのバージョンに依存しないとは思いますが、Windows10の場合も同様の動作が想定されます。

 

ワークグループ環境で再起動後にもネットワークドライブの割り当てを継続したい場合は参考にしてみてください。

[山善] 電気ケトル 1.0L 沸騰自動OFF機能付き ホワイト DKE-100(W) [メーカー保証1年]