ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Hyper-V 2019 仮想スイッチを作成できない(エラー0x80070002)

Hyper-V 2019で仮想スイッチを作成できない(エラー0x80070002)という事象が発生することがあるようです。以前、WIndows Server 2016で仮想スイッチを何度も作成しましたが、このような事象は経験したことがありません。仮想スイッチなので、ネットワークドライバが影響している可能性がありますが、参考になりそうなサイトがありましたので共有します。

 

GUIまたはPowershellを使用して仮想スイッチを作成しようとしているかどうかに関係なく、Hyper-Vで仮想スイッチを作成するときに問題が発生することがあり、エラーの1つは、「仮想スイッチプロパティの変更を適用する際のエラー」があります。仮想イーサネットスイッチ接続の追加中にエラーが発生しました。」 詳細にはアダプタのGUIDが表示され、最後のテキストは「指定されたファイルが見つかりません。(0x80070002)。同じ問題は、Hyper-V 2019だけでなく、Hyper-V 2016およびHyper-V 2012でも発生するとあります。

 

 

ではサイトの解決策の抜粋です。

 

解決策1:ネットワークカードドライバーを更新する
この例では、物理サーバーHPE ProLiant ML350 Gen10サーバーを使用しています。ネットワークカードのドライバーを更新するには、製造元のWebサイトにアクセスして、ネットワークカードの公式ドライバーをダウンロードする必要があります。このサーバーはIntelのネットワークカードを使用しているため、IntelのWebサイトからダウンロードすることもできます。

 

解決策2:Hyper-Vの役割を再インストールし、NICの参照をリセットする
1. Hyper-Vの役割をインストールした Windows Server 2019にログインまたは接続します
2. サーバーマネージャーを開く
3. [管理]をクリックし、[ 役割と機能の削除] を選択します
4. 移行先サーバーを選択し、 [ 次へ ]をクリックします
5. remote server administration toolsを削除
6.次へをクリック
7. [ 機能の削除]で [ 次へ]をクリックします
8. 必要に応じて、移行先サーバーを自動的に再起動するを選択します
9. [ はい ]をクリックして確認し、[Windowsが自動的に再起動します]をクリックします。
10. Hyper-Vの役割をインストールした Windows Server 2019にログインまたは接続します
11.[ スタート]メニューを右クリックし、[ Windows Powershell(Admin)]をクリックします
12. 入力netcfgでは-d押しを入力します。これにより、すべてのNIC参照が削除されるため、サーバーに物理的にアクセスするか、iLOまたはその他の管理接続が良好であることを確認してください。
15. Windows Server 2019を再起動します
16. Hyper-Vの役割をインストールした Windows Server 2019にログインまたは接続します
17. サーバーマネージャーを開き、役割の削除に使用するのと同じ手順に従ってHyper-Vをインストールします。Hyper-Vの役割のみを選択する必要があります。
18. [ スタート]メニューを左クリックして、Hyper-Vマネージャーを検索します
19. Hyper-Vマネージャーを開く
20. Hyper-Vマネージャーウィンドウの右側にある仮想スイッチマネージャーに移動して開きます
21. 作成する仮想スイッチのタイプで [ 外部]を選択し、[ 仮想スイッチの作成 ]をクリックします。
22. 外部スイッチの名前を入力します
23. [外部ネットワーク]でネットワークカードを選択します
24. 「適用」をクリックしてから「OK」をクリックします
25. 新しい仮想スイッチを割り当てる仮想マシンに移動します
26. 仮想マシンを右クリックし、[ 設定]をクリックします
27. ネットワークアダプターをクリックします。
28. 仮想スイッチで外部仮想スイッチを選択します
29. 「適用」をクリックしてから「OK」をクリックします
30. IPアドレスを追加する(DHCPを使用していない場合)

 

「参考」

ttps://appuals.com/fix-cant-create-hyper-v-2019-virtual-switch-error-0x80070002/

 

ネットワークドライバの更新は確かにやったほうがいいかもしれないですね。しかし、Hyper-Vの運用が怖いのがパッチ適用で動作がおかしくなることがあるので、Hyper-Vの不具合に関連しない限りは、セキュリティのみの適用がいいかもしれません。

 

外出先でよくスマホを利用する方におすすめのモバイルバッテリー