ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

秒針がない「Bradley さわる時計」は視覚障害者も使える機能的でデザイン性のある時計

ネットニュースで面白いデザインの時計が紹介されていました。それは、秒針がない「Bradley さわる時計」というものです。


元記事はこちら。

秒針のない「さわる時計」が画期的! 視覚障害の人もそれ以外の人も使える機能性とデザイン性に世界中が注目しています


表と側面に付いた2つのボールに触れることで、時間を確認することができる時計で、針がついていないように見えるデザインはシンプルでスタイリッシュだけど、なぜこのような腕時計が作られたのでしょうか?


この時計が生まれたのは視覚障害者の為のものだったそう。優しさからうまれたんですね。

多くの人の心を動かしたのは「すべての人が楽しめるデザイン」であること。創業者のキム・ヒョンス代表は、視覚障害の友人に出会い、視覚障害者用の時計に興味を持ち始めたといいます。

視覚障害者向けの時計には、音が鳴るものや、点字時計などがありますが、彼らは機能だけでなくデザインも気にしていることに気付いたそう。そこから、「視覚障害者のためだけ」の製品で終わることのない、どんな人にもよく似合い、誰にでも有用に使えるユニバーサルデザインの時計が生まれたのでした。


また、視覚障害の人向けだとアピールしましたが、それ以外の人にもメリットがあるそうで、さわるだけで時間がわかるので、大事な人との会議中や食事中、暗い映画館の中などでも文字盤を見ずに時間を把握できるとのこと。確かにそうですね。


とうことで、プレゼントでもいいですし、自分用でもいいかもしれません。ネットで購入することが可能です。

f:id:merrywhite:20201004170808j:plain

商品の説明
ブランド説明:さわる時計 Bradley(ブラッドリー)は目が見えない方への配慮から生まれました。Red dotやIFなど、世界有数のデザイン賞を受賞、イギリスの大英博物館にも展示されているさわる時計

Bradleyは 障がいの有無を問わず、全ての人のために作られた ユニバーサルデザイン製品です。 スイス製の丈夫なパーツでできているさわる時計 Bradleyには二つのボールがあります。表にあるボールは分を示し、側面のボールは時間を示します。これは私たちが普段時刻を確認する際、大体の時間はわかってから何分であるかを確認することがより多いゆえでのデザインです。

さわる時計 Bradleyは‘全ての人’に使っていただける時計です。目が見える人でも大事なミーティングや映画館など、目で時間を確かめられない状況でこっそりと触って時間を確認できます。ミニマルで現代的なデザインはデイリーユースの時計としても、おしゃれなファッションアイテムとしても使っていただけます。

さわる時計 Bradleyは立体的でミニマルなデザインが特徴のユニバーサルデザイン時計です。 目の見えない方でも、見える方でもデイリユース時計としてつけていただけます。 配慮から生まれたさわる時計 Bradleyの特別なデザインと価値に触れて見てください。


そして、実際に購入した方がいます。レビューはこちら。

コンセプトやデザインが気に入って購入しました。重たいかなと思いましたが実際つけてみるととても軽いです。一日中つけていても負担になりませんし革もいい感じに馴染んできました。自分は健常者なので目で見て確認しますが、たまにミーティングなどでは触って時間を確認します。結構便利だと思います。


確かに触って確認するという使い方をしている人もいるそうです。画期的な便利な時計ですね。