ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

プロキシ環境化のchromium版edge利用時smartscreenの有効化で応答速度が低下 IEも影響?

プロキシ環境化のchromium版edge利用時smartscreenの有効化で応答速度が低下するという情報がフォーラムにもありました。同様にIEも影響がありそうなのですが、おそらく内容を加味するとブロックされるため、応答が遅くなるということがありそうです。

 

まずはフォーラムの情報です。

 

プロキシ環境化でのchromium版のmicrosoft edgeの設定からmicrosoft Defender smartscreenの設定を有効にしていると、サイトの応答速度が急激に低下しますという内容です。

 

現在はグループポリシーにて、業務に不可欠なサイトのみ「警告をトリガーしないドメインのリスト」を構成し回避をしています。

しかし、本当はすべてのサイトでsmartscreenの機能を有効にした状態にしておきたいところです。

機能を利用しつつ、別途回避する(応答速度の遅延をできるだけ減らす)方法はありませんでしょうか。

ちなみに、smartscreenの機能を有効化した状態で、edge://flagsにて「enable lazy image loading」 と「enable lazy frame loading」 を有効化してみたり、設定画面でハードウェアアクセラレータを使用するかどうかを有効にしたり無効にしてみたりサードパーティ製のウィルス対策ソフトを無効化してみたりといろいろと試してみましたが、変化はなく、smartscreenの機能を無効化すると応答速度の低下は解消されましたので原因はsmartscreenであるとかんがえています。

 

SmartScreen はインターネットアクセスしますので、その通信がプロキシでブロックされている可能性があるとのことです。

 

「参考1」

https://social.technet.microsoft.com/Forums/ja-JP/47b58735-53e6-4729-81ea-ca18edff45c7/1250312525124611247129872226592127012398chromium29256edge1239512390?forum=win10itprogeneralJP

 

 

ちょっと古い情報ですが、SmartScreenフィルターサービスへのアクセスがブロックされると、Internet Explorerが応答を停止することがあるとのことです。

 

原因
SmartScreenフィルターサービスは、http://urs.microsoft.comへのアクティブなインターネット接続を通じて提供されます。Internet Explorerでは、SmartScreenフィルターが有効になっているゾーンのWebサイトを検証するために、そのサービスURLにアクセスする必要があります。

 

「参考2」

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2729494/internet-explorer-may-stop-responding-when-access-to-the-smartscreen-f

 

永続的にアクセスするサイトなどは整理しておく必要がありそうですね。ログなどで追うのが早いかもしれません。