ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Microsoft-Windows-Hyper-V-Worker-Admin イベント ID:18590 致命的なエラーが発生

Microsoft-Windows-Hyper-V-Worker-Admin イベント ID:18590 致命的なエラーが発生しましたというイベントログが出力されて仮想マシンが停止できない事象があるようです。

 

・接続されている無停電電源装置 (UPS) を搭載したコンピューターまたはラップトップ コンピューターでは、Windows Server 2012 R2 を実行しています。
・この Windows Server 2012 R2 ベースのシステムがあり、HYPER-V 役割がインストールされて、仮想マシンをホストしています。
・電源からバッテリが行われています。
・バッテリの状態のため、ホストのオペレーティング ・ システムがシャット ダウンします。
・コンピューターを再起動した後は、停止状態では、仮想マシン仮想マシンのイベント ログにエラーを記録することを確認します。

 

このシナリオでは、(停止の VMVM の保存の状態は、VM をシャット ダウン) 仮想マシンの構成済みのホストのシャット ダウン操作が期待どおりに実行しないと仮想マシンが正常にシャット ダウンしていないか、保存します。この現象は、ゲスト Vm 上で次のイベント ログ エントリによって示される可能性があります。

ログ名: Microsoft-Windows-Hyper-V-Worker-Admin
ソース: Microsoft-Windows-Hyper-V-Worker
イベント ID: 18590
レベル: 重大
説明:
'Guestname' 致命的なエラーが発生しました。ゲスト ・ オペレーティング ・ システムは、次のエラー コードで失敗したことが報告されました: ErrorCode0: 0xEF、 [追加情報]


イベント ID: 6008
ソース: イベント ログ
種類: エラー
説明:
以前のシステム シャット ダウン時に の日に 予期されていませんでした。

 

バッテリ (低] または [重大なレベル) で、シャット ダウンがトリガーされると、システム上で実行されているサービスは、シャット ダウンの通知はされません。オペレーティング システムの正常なシャット ダウンは、優先順位をサービスを停止するようにサービスを停止して長期間のシャット ダウンをブロックできますので、この現象が発生するそうです。

 

解決策は以下です。

 

HYPER-V サーバーが接続されている UPS を使用しているときは、バッテリのしきい値レベルを適切に処理し、該当する場合、通常システムのシャット ダウンを開始するのには UPS の製造元のソフトウェアを使用します。

 

「参考」

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/3058418/vm-shutdown-actions-don-t-run-when-a-host-shuts-down-because-of-a-low

 

Hyper-V2012の情報ですが、2016以降は発生しない問題なのか気になりますね。