ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

HP iLO5リセット、再起動にかかる時間とシステム、OSへの影響

HP iLO5リセット、再起動にかかる時間とシステム、OSへの影響について調べてみました。iLOはシステムとは別に動作する管理する仕組みで、HPE Integrated Lights-Outのリモート管理ツールを使用すれば、サーバーシステムの稼働状況を24時間365日監視および管理することが可能と本家サイトに説明があります。物理サーバの監視などで使いますね。後はサーバ構築時などにも重宝します。

 

続いてiLOのリセット方法ですが、本家HPのサイトに書かれていました。iLO4の時のちょっと古い情報ですが、リセット方法と知りたかった時間が書かれています。

 

ここ重要ですね。

「NOTE: iLO4 のリセットは、設定内容を維持した状態で iLO4 の再起動をおこないますので、設定内容が初期化されることはありません。」

 

「参考」

https://support.hpe.com/hpesc/public/docDisplay?docId=emr_na-c04008009

 

 

後、もう少し調べていたらよりいい情報が書かれていました。フラッシュファームウェア機能を使用した iLO またはサーバーファームウェア
の更新についての情報の抜粋です。


iLO Web インターフェイスを使用して、任意のネットワーククライアントからファームウェアを更新できます。署名済みファイルが必要です。iLO レポジトリページからコンポーネントの更新を開始することもできます。

 

手順
1. iLO ファームウェアまたはサーバーファームウェアのファイルを入手します。
2. ナビゲーションツリーでファームウェア & OS ソフトウェアをクリックし、ファームウェアアップデートをクリックします。
ファームウェアアップデートオプションが表示されない場合は、iLO Web インターフェイスの右上隅にある省略記号アイコンをクリックし、ファームウェアアップデートをクリックします。
3. ローカルファイルまたはリモートファイルオプションを選択します。
4. 選択したオプションに応じて、以下のいずれかを実行します。
• ローカルバイナリファイルボックスで、参照(Internet Explorer または Firefox)あるいはファイルを選択(Chrome)をクリックしてから、ファームウェアコンポーネントの場所を指定します。
• リモートのバイナリファイル URL ボックスに、アクセス可能な Web サーバー上のファームウェアコンポーネントの URL を入力します。
5. オプション:コンポーネントのコピーを iLO レポジトリに保存するには、同様に、iLO レポジトリに保存チェックボックスを選択します。
6. フラッシュをクリックして、更新プロセスを開始します。
62 iLO Web インターフェイスからのファームウェアの表示と更新
サーバーの構成に応じて、iLO によって次のことが通知されます。
iLO ファームウェアを更新すると、iLO は自動的に再起動します。
一部のサーバーファームウェアタイプではサーバーの再起動が必要になりますが、サーバーは自動的には再起動しません。
• このサーバーには TPM または TM がインストールされています。システム ROM または iLO ファームウェアのアップデートを開始する前に、TPM または TM 上に情報を保存しているソフトウェアを一時停止またはバックアップしてください。たとえば、ドライブ暗号化ソフトウェアを使用している場合は、ファームウェアの更新を開始する前に停止してください。この指示に従わない場合、ご使用のデータにアクセスできなくなる可能性があります。
7. 次のいずれかを実行します。
TPM または TM のメッセージが表示されなかった場合は、OK をクリックします。
TPM または TM のメッセージが表示された場合は、TPM または TM にデータを保存しているすべてのソフトウェアを一時停止またはバックアップしたことを確認し、OK をクリックします。
iLO ファームウェアは、ファームウェアイメージを受け取り、検証して、フラッシュします。
iLO ファームウェアを更新すると、iLO が再起動し、ブラウザー接続が終了します。接続が再確立されるまでに、数分かかることがあります。
8. iLO ファームウェアの更新のみ:新しいファームウェアを使用するには、ブラウザーのキャッシュをクリアし、iLO にログインします。
9. サーバーファームウェアの更新のみ:ファームウェアのタイプによって、新しいファームウェアを有効にするためにシステムのリセットやサーバーの再起動が必要になる場合は、適切なアクションを実行します。詳しくは、ファームウェアの更新を有効にするための要件(63 ページ)を参照してください。
10. オプション:新しいファームウェアがアクティブであることを確認するには、インストールされたファームウェアページでファームウェアのバージョンを確認します。
概要ページで iLO ファームウェアのバージョンを確認することもできます。

 

iLOの再起動ってめちゃくちゃ速いですね。再起動の時間が知りたかった方は参考にしてみてください。